日本に於ける立役者となった人物⑦

キリストであります。

悲しみの彼方で抱いた情熱、それは友情の固まり。

感謝を持ってして、ここに書き記す。

日本に於ける、神様の名前をふせて、公(おおやけ)にする、なんと、閻魔大王(えんまだいおう)様の御紹介です。

1、丸尾孝俊

歩いて来た道。それは、かけがえのない失敗。故に、多くの友に失敗を与えてきた。口にしては与えられぬ。しかしながら、言ってあげよう最期には。己の人徳こそ、人の為。鉄拳かざすも、人情の固まり。美しく、儚き夢物語、人生道場を受け入れ、多くの友を動かす、卍の真ん中で、一人、国を離れ、涙を流して、愛する日本国の行く末を、見つめる。丸尾孝俊よ、いざ出て参れ。実った日本の姿を心に飾り、、、。

2、井上敬一

ホストの活躍を日本に見せるこの動画。多くの友を持ち、感謝をいつも胸に。相手に話しかける優しい笑顔は、チンピラの性分見抜いた人間にしか出来ぬ、面構え。ホストの現役から引退するも、今まで培った人徳は、夜の街で駆け巡った、あの夜の帳(とばり)で勉強したもの。涙と情に満ち溢れた、あの大阪の夜を胸に抱きしめ、いざ出て参れ。愛するが如く、うえのまさきは、涙したこの動画。感謝の意を持ってして、ここに。本当に、ありがとう。

3、橋下徹

この、人生の調べ。正論を良しとしない日本は、何に於いても、けつまずく。政治の真ん中で、やってみたものの、チンピラが笑っている。悔しくて、腹が立って、それでも、他人を責めず、一人になり、必死に泣く。苦労の受け止め方を、熟知した、貴き人物。もうすぐ、そう、もうすぐ。日本は素敵な国になると信じ、今を生きる。橋下徹よ、いざ出て参れ。素敵な日本の幕開けと、いこうじゃないか。

こちらの御三名を、日本の貴き神様、閻魔大王様とし、日本の実りを、かけがえのない友と共に、受け入れる今この時に、果てなき大地、下関に訪れ、豊田町の、とある場所へ行くが良い。

また、書こう。

日本に於ける立役者となった人物⑥

キリストであります。

本日は、日本の神様、スサノオノミコト様の御紹介です。

ここに、書き記す。

1、倉本篤史

大阪でキリストに出逢い、美しく、儚き夢物語を共にした、男前。男の本質、真の笑顔。大阪で、貴方と過ごした日々は、このキリストにとって、忘れられぬ、かけがえのない思い出。懐かしきワインの味、このキリスト、忘れてはいない。また、逢いましょう。本物の男前、倉本篤史様、いざ出て参れ。民よ、こちらの御方に抱かれて、、、。

2、松本慎次

北九州は日産工場でキリストと出逢い、しばらくの間、美しく、儚き夢物語を共にした、素敵な男前。狂った時代を終わらせようと必死に、雷(いかずち)震わせ、目頭熱く、振り下ろす拳、涙の結晶。いつの日もキリストを忘れず、喜ばしい活躍が嬉しくて、笑顔花咲く毎日。キリストは、貴方の恥じらいに惚れた次第であります。また、逢いましょう。松本慎次様よ、いざ出て参れ。

スサノオノミコト様は、天地狂わす、貴き御役。

雷震わせ、儚きメロディーを胸に、孤独を感じ、涙を潤わせる。

幾度となく、災難に見舞われ、苦しみを乗り越えてこその、日本の立役者。

以下の本文、奉れ。

      兄弟よ

      笑顔で逢おう

      キリストよ

      我が行くなり

      お前が来ぬなら

日本に於ける立役者となった人物⑤

キリストであります。

今宵の景色、涙色の花咲く、美しき和んだ、日本国民の姿。

見届けるが良い。

今上世界に於ける、キリストの御役授かった、貴き神様、または、創造主。

以下、御六名の方々、ここに記す。

1、うえのまさき(創造主)

皆様ご存知の、俺より面白いヤツいねーかで有名な、山之内龍徳様も兼任する、うえのまさき。現在三十七才。山口県は下関市に在住。美しく、儚き夢物語、人生道場の、全てを描いた、張本人。島根県は、出雲大社に鎮座する、大国主(ダイコクヌシ)でもあります。現在は、偉そうな事を言っても一般市民ですので、諸々の組織の方々や、団体に所属する皆様は、間違っても、私、うえのまさきに、怒ったり、にらんだりしないよう、十分に気を付けて頂きたいと切に願っておる次第であります。世界中に散らばった、全ての貴き神様を生み賜うた創造主、うえのまさき。国民を大和へ導く為に必要な、人生の糧(かて)となるような、貴き書物、『聖書』を書き上げる御役。日本国の為、懸命に働きます。どうぞ、宜しくお願い致します。

2、清木場俊介

日本の貴き神様、籠神社(このじんじゃ)に鎮座する、彦火明命 (ヒコホアカリノミコト)こと、キリストの御役授かった、清木場俊介。友を大切に、2012年に於ける、東京でのテロを食い止めた、美しき手柄の持ち主。分かち合った、素敵な友情を、胸に掲げ、愛する親友、EXILE ATSUSHIに捧ぐこの名曲。愛を、形になぞらえて、照れては言えぬ、男の恥じらいこそ、人間の魅力。素敵なカタギの兄弟愛。御覧下さい。

3、松下建次

現在なんと18才。下関生まれ、下関在住。真っ白な大きめのスクーターに乗っている、キリストの御役授かった、貴き神様。山口県は下関市、豊田町の豊田神社に鎮座する、こちらも美しき手柄を得た、素敵な男。六千年前に於ける、キリストの面構え(つらがまえ)。とくと、御覧あれ。松下よ、豊田神社へ参れ。道は開ける。

4、加藤茶

日本の貴き神様、鎌倉宮に鎮座する、護良親王(もりながしんのう)こと、加藤茶様。こちらの御方もまた、貴き、そして、美しき日本の手柄を得た、男前。時折見せる、切ない心の表情は、面影虚しく、実らない己の人生の儚さを、表す。愛の結末、いかほどに。今はまだ言えぬ事ばかり。加藤茶様よ、本文奉れ。

      愛してる

      貴方に送る

      褒め言葉

      素直な笑顔に

      無口なとこよ

5、志村けん

相手に話しかける面持ちは、心の中の、素敵な人徳を表す。いつまでも、愛する子分と一緒。多くの手柄を持ち、懸命に生きた、己の人生こそ、子分の為。愛しき女は、宇宙に一人と決め込んだ。特攻の精神、養う真心、生きとし生ける全てのものを包み込む、優しさに満ちあふれた、男前。愛する兄弟と共に、いざ開花する志村けん様の人生。日本国民よ、しかと見届けよ。また、逢おう。

6、角川春樹

男前、人生の調べ、川棚音頭。引き裂かれる、心の内なる、憂鬱を飲んで、煌めく(きらめく)、華やいだオリオンを見上げ、話しかける。『愛する子分よ。君の人生、俺のもの。テロを食い止めた男、我の名前は、角川春樹。さんざめく夜空を見上げ、命を懸けて、物事を全うしてまいりました。どうか、あの時涙した、思い出の兄弟に、逢わせて下さい。』貴方の愛する兄弟は、下関にいる。愛と真を掲げ、いざ遠く果ての大地、下関へ。

地球の真ん中で、チンピラ掃除。

愛する兄弟への、大いなる感謝忘れず、今を生きる、現存する人物こと、キリスト。

こちらの御六名を、ハレルヤ日本の立役者ことキリストとし、人生の中で得た、お金では買えぬ、美しき手柄は、いったい、何をもたらすかを、身を持ってして、国民にお披露目しようではありませんか。

愛する兄弟よ、喜びの涙を胸に、一句捧げる。

日本に於ける立役者となった人物④

キリストであります。

美しき日本の実りを得る、貴き神様こと、スメラミコト様。

御存命の御二方を紹介します。

祈品(きひん)溢れる見事な佇まい。己の人徳こそ国民の為。日本の稲と、国民の尊き命を、祈りをもってして守ってきた、今に伝承する、さすらう男の苦労を見届けるは、一輪の菊。多くを語らず、涙を潤わし、天命天尊、慈しみある、愛と涙で彩られた、そんな真の国を夢見て、今を生きる。これからの、キリストが導く、世界中、美しく、儚き夢物語かな、人生の中で出逢った、愛おしき兄弟たちを心に飾り、大感謝の国、日本の頂点。ハレルヤ今この時に、いざ出て参れ。

1、今上天皇殿

貴方の心構え、日本の誇り。新しい御代を築くには礎(いしずえ)を日本にと。国民の苦労、しかと見届けて、懸命に涙した、あの時。背中の曲がったおばあちゃんに言った事。「美しき、あっぱれ日本を迎えるにあたって、稲を作り続けてきた、皆様の苦労を頂き、実りを得る今日の日本。もう、元に戻る事のできない、その曲がった背中を見て、お勉強させて頂きました。日本の美しきハレルヤ、新しい御代ぞけれ。心より今、この言葉を。実るほど 頭を垂れる 稲穂かな。本当に、ありがとう。」

2、皇太子殿

優しい面持ち(おももち)とは裏腹に、心の中、兄弟愛を重んじる、素敵な心構え。うえのまさきに出逢い、うつむき、そして、涙し。叡智を養う今この時に、本当の思い出作り。いつかは逢おう、兄弟よ。誇り高き、互いの心、紡(つむ)ぎ合って、我が日本の、天命天尊、独尊の、天地よ、今ならば、最後の雨、降り注げ。きっと、いつかは逢える、その時まで。キリストは、涙を堪えきれず、これからも、日本の大地を踏みしめ、抱きしめ合う、貴方との未来を夢見て。本当に、ありがとう。

真夏はもうすぐそこに。

日本の美しき青空を見上げ、あっぱれ日本を見届ける、その前に、天皇様の儚き人生の思い出をお聞き下さい。

もう二度とあの、心引き裂かれる、戦争だけは、、、。

失礼致します。

ブラウン管の向こう側
カッコつけた騎兵隊が
インディアンを 撃ち倒した

ピカピカに光った銃で
できればボクの憂鬱を
撃ち倒して くれればよかったのに

神様に賄賂を贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて 本気なのか?

誠実さのカケラもなく
笑っている奴がいるよ
隠している その手を見せてみろよ

生まれた所や 皮膚や 目の色で
いったい この僕の 何が わかると言うのだろう

運転手さんそのバスに
僕ものっけてくれないか?
行き先なら どこでもいい

こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問い詰める
まぶしいほど 青い空の真下で

生まれた所や 皮膚や 目の色で
いったい この僕の 何がわかると言うのだろう

運転手さんそのバスに
僕ものっけてくれないか?
行き先ならどこでもいい

こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問い詰める
まぶしいほど 青い空の真下で

青い空の真下で

青い空の真下で

日本に於ける立役者となった人物③

キリストであります。

本日は、日本の神様、貴き神様、空に舞う美しき白鷺こと、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様を、紹介します。

二名です。

1、浅尾法灯

太州の実り、浅尾法灯先生を見れば、一目瞭然。白鷺の心得、生きる活力、そして、汗と、涙と、情を胸に。美しき日本の神様、浅尾法灯様は、生きる事、なんと六千年。苦しくも実りの果て、日本の大地を踏みしめて、いざ出て参れ。また、逢おう。

2、木村博

工藤の実りは、空に舞う、真っ白な白鷺を見れば、一目瞭然。日本の大掃除、大洗濯、本当にありがとう。感謝を抱きまして、キリストは、言う。貴方に逢いに行きます。苦しんだ過去を抱きしめて、いざ出て参れ。日本には、素敵な男前がいた事を、証明しよう。

御存命のこちら、御二名の方々を、日本の神様、白鷺神社に鎮座する、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様とし、ハレルヤ日本を謳歌する、国民の守(もり)、宜しくお願い致します。

最後に一言。

涙を流すな。苦しみを抱け。愛と叡智を養い、心に飾るは、大いなる喜びの出逢いかな、うえのまさき。慈しみある、愛の泉を立ち上げ、共に歩もう。

また、書く。

日本に於ける立役者となった人物②

キリストであります。

皆様ご存知の、キリストの師匠で有名な、山之内龍徳(やまのうちたつのり)こと、イザナギノミコト様の御紹介です。

三名ほどいらっしゃいますので、ここに書き記す。

1、うえのまさき(キリストも兼任)

このホームページを運営しているキリストこと、うえのまさきは、山之内龍徳でもあります。儚き人生の中で、愛と誇りと笑顔をもってして、出逢いを大切にしながら、今からを生きようと思います。ハレルヤ日本に向かって、いざ出航。ありがたき全ての民を連れて、喜びの彼方へ。宜しくお願いします。

2、山本太郎

現在、国会議員をやっている男よ山本太郎。もう、素敵な人生を歩んでもいい時期なのでは、、、。愛に満ちあふれた、愛おしき心の人徳を、国民の皆様にお披露目しようではないか。山本太郎よ、いざ出て参れ。キリストは言う。本当にありがとう。また、逢おう。

3、鳥肌実

右翼の果てに、天命授かった御方。波乱に満ちた貴方の人生物語。ゆく年来る年、おごそかに暮らすひたむきさ。実った姿、お披露目と参りましょう。鳥肌実様よ、いざ出て参れ。たじろう花よ、このキリストを愛してくれると信じて、、、。

こちらの御三名を、日本の神様、山之内龍徳こと、イザナギノミコトとし、ハレルヤ日本の立役者として、以下の本文奉れ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

百合の丘で、愛した人を待つ。一輪の勿忘草(ワスレナグサ)を胸に抱きしめ、流れ落ちる涙よ美しく、貴方を待つこと、それは愛しきかけがえのない思い出。いばらの道を歩んでは、苦しみ乗り越え思うこと。友と出逢い、愛を捧げ、やがては愛しくなる、真実の友情。遠く、離ればなれになっても、きっといつの日にか、思い出して欲しい。この花を。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人生の大いなる実り、しかと見届けよ。

また、書きましょう。
      

日本に於ける立役者となった人物①

キリストであります。

この儚き人生の中で、日本に於ける神様、天照大神(アマテラスオオカミ)を演じた、御四名の紹介です。

1、池田大作 

狂おしきも活力みなぎる創価学会のトップ。多くの子分を従え、涙と苦労を分かち合い、今の日本に現存する貴き人物。愛と知恵を抱きしめて、いざ出て参れ。下関にいることは、バレている模様、、、。

2、室谷篤史

大阪にいた頃のキリストを日本の天使と決め、チンピラ退治はお手の物。多くの子分を持ち、遠い記憶の奥棚にしまっておいた、溢れ出る涙を甦らせ、日本の貴き聖徳太子こと天照大神よ。いざ出て参れ。また、逢おう。

3、芦原達也

キリストに憧れて20年。最後の最後でチンピラ道に終止符を打った、貴き神様。美しく、儚き夢物語、人生道場。夢の中で出逢った、全てのチンピラ共を手胡麻にする。芦原達也よ、いざ出て参れ。悪しき習慣、とれるぞ。

4、阪元則広

太州の要(かなめ)こと阪元則広よ、いざ出て参れ。こちらの御方は、多くを語れず、、、。

こちらの四名を、日本の神様、聖徳太子こと、天照大神(アマテラスオオカミ)とし、ハレルヤ日本を待つ世界中の民にお披露目し、暮れ行くも実りの果て、大空舞う鷲(ワシ)のように、天高く舞い上がれ。

御四名よ、伊勢神宮に参れ。

道は開ける。

また、書こう。

聖書(お手本)季節の巻、一部抜粋②

《解説:キリスト》

      くれないの 

      日本に捧ぐ 

      豆知識

      全てを許す

      民の心得

喜びの彼方に、皆様を迎えに来た次第であります。この、地球一切の、難しくない、人生の仕組み。全てをお教えする時が来ました。

   夢抱き、夢破れて、灰となる。

 一生懸命に、そして、一所懸命に追いかけた、夢。その、夢、掴めず、心、折れる、その時、難しくない、流す涙、崩れる、全てを懸けた、熱き情熱。無惨にも、儚く散ったその日から、本当の物語が始まる。

抱いた情熱。冷めたその日から、暗いトンネルに入る。面影虚しく、心よりの、華やいだ心は、いざ何処へ。何の気なしに呟いた、過去を消し去る、想い出深い、そんな言葉。

    『もう、終わりだ。』

 辛い思いを、一生懸命受け止める。自分を殺めずに、そして他人を責めず、何より一人になり、悔しさと、無念さを胸に、必死に泣いて、灰となる。諦める事は何よりの成功。美しく散ってみせようぞ人間たち。

再UP(梅雨の終わりに)解説付き

夏草や たじろう花の 思い出に 素敵な音頭 聞こえくる 祭りの姿 愛しくて 女は男に 恋をして 男は引き立て 役になり 華やぐ町の 美しき 人を愛する 人徳を 見抜かれる場所 ここに有り 笑顔の咲いた 町ならば 素敵な出逢いを 捧げましょう 年に一度の 夏祭り 地域の人々 溢れくる お客を見ては 喜んで 慎ましい日々 今日だけは 素敵な感謝 受け取って 祭りのあとに 思うこと また来年も 人が来る 感謝の祭り 本当に 嬉しいひととき ありがとう 素敵な出逢い 演出し 笑顔でもって 恩返す 喜ばしいその 夏祭り 気持ちの入れ方 ここに有り 必ず来よう 来年も 必ず来よう 来年も 儚く散った 花火見て 余韻に浸る 祭りなれ 今年の夏を 待ちわびて 今年の夏を 待ちわびて、、、。

《解説①:山之内龍徳様》

《解説②:山之内龍徳様》

《解説③:山之内龍徳様》

聖書(お手本)季節の巻、一部抜粋①

《解説:キリスト》
      

      くれないの 

      日本に捧ぐ 

      豆知識

      全てを許す

      民の心得

喜びの彼方に、皆様を迎えに来た次第であります。この、地球一切の、難しくない、人生の仕組み。全てをお教えする時が来ました。
    夢抱き、夢破れて、灰となる。

 一生懸命に、そして、一所懸命に追いかけた、夢。その、夢、掴めず、心、折れる、その時、難しくない、流す涙、崩れる、全てを懸けた、熱き情熱。無惨にも、儚く散ったその日から、本当の物語が始まる。

抱いた情熱。冷めたその日から、暗いトンネルに入る。面影虚しく、心よりの、華やいだ心は、いざ何処へ。何の気なしに呟いた、過去を消し去る、想い出深い、そんな言葉。

    『もう、終わりだ。』

 辛い思いを、一生懸命受け止める。自分を殺めずに、そして他人を責めず、何より一人になり、悔しさと、無念さを胸に、必死に泣いて、灰となる。諦める事は何よりの成功。美しく散ってみせようぞ人間たち。