日本に於ける立役者となった人物③

キリストであります。

本日は、日本の神様、貴き神様、空に舞う美しき白鷺こと、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様を、紹介します。

二名です。

1、浅尾法灯

太州の実り、浅尾法灯先生を見れば、一目瞭然。白鷺の心得、生きる活力、そして、汗と、涙と、情を胸に。美しき日本の神様、浅尾法灯様は、生きる事、なんと六千年。苦しくも実りの果て、日本の大地を踏みしめて、いざ出て参れ。また、逢おう。

2、木村博

工藤の実りは、空に舞う、真っ白な白鷺を見れば、一目瞭然。日本の大掃除、大洗濯、本当にありがとう。感謝を抱きまして、キリストは、言う。貴方に逢いに行きます。苦しんだ過去を抱きしめて、いざ出て参れ。日本には、素敵な男前がいた事を、証明しよう。

御存命のこちら、御二名の方々を、日本の神様、白鷺神社に鎮座する、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様とし、ハレルヤ日本を謳歌する、国民の守(もり)、宜しくお願い致します。

最後に一言。

涙を流すな。苦しみを抱け。愛と叡智を養い、心に飾るは、大いなる喜びの出逢いかな、うえのまさき。慈しみある、愛の泉を立ち上げ、共に歩もう。

また、書く。

日本に於ける立役者となった人物②

キリストであります。

皆様ご存知の、キリストの師匠で有名な、山之内龍徳(やまのうちたつのり)こと、イザナギノミコト様の御紹介です。

三名ほどいらっしゃいますので、ここに書き記す。

1、うえのまさき(キリストも兼任)

このホームページを運営しているキリストこと、うえのまさきは、山之内龍徳でもあります。儚き人生の中で、愛と誇りと笑顔をもってして、出逢いを大切にしながら、今からを生きようと思います。ハレルヤ日本に向かって、いざ出航。ありがたき全ての民を連れて、喜びの彼方へ。宜しくお願いします。

2、山本太郎

現在、国会議員をやっている男よ山本太郎。もう、素敵な人生を歩んでもいい時期なのでは、、、。愛に満ちあふれた、愛おしき心の人徳を、国民の皆様にお披露目しようではないか。山本太郎よ、いざ出て参れ。キリストは言う。本当にありがとう。また、逢おう。

3、鳥肌実

右翼の果てに、天命授かった御方。波乱に満ちた貴方の人生物語。ゆく年来る年、おごそかに暮らすひたむきさ。実った姿、お披露目と参りましょう。鳥肌実様よ、いざ出て参れ。たじろう花よ、このキリストを愛してくれると信じて、、、。

こちらの御三名を、日本の神様、山之内龍徳こと、イザナギノミコトとし、ハレルヤ日本の立役者として、以下の本文奉れ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

百合の丘で、愛した人を待つ。一輪の勿忘草(ワスレナグサ)を胸に抱きしめ、流れ落ちる涙よ美しく、貴方を待つこと、それは愛しきかけがえのない思い出。いばらの道を歩んでは、苦しみ乗り越え思うこと。友と出逢い、愛を捧げ、やがては愛しくなる、真実の友情。遠く、離ればなれになっても、きっといつの日にか、思い出して欲しい。この花を。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人生の大いなる実り、しかと見届けよ。

また、書きましょう。
      

日本に於ける立役者となった人物①

キリストであります。

この儚き人生の中で、日本に於ける神様、天照大神(アマテラスオオカミ)を演じた、御四名の紹介です。

1、池田大作 

狂おしきも活力みなぎる創価学会のトップ。多くの子分を従え、涙と苦労を分かち合い、今の日本に現存する貴き人物。愛と知恵を抱きしめて、いざ出て参れ。下関にいることは、バレている模様、、、。

2、室谷篤史

大阪にいた頃のキリストを日本の天使と決め、チンピラ退治はお手の物。多くの子分を持ち、遠い記憶の奥棚にしまっておいた、溢れ出る涙を甦らせ、日本の貴き聖徳太子こと天照大神よ。いざ出て参れ。また、逢おう。

3、芦原達也

キリストに憧れて20年。最後の最後でチンピラ道に終止符を打った、貴き神様。美しく、儚き夢物語、人生道場。夢の中で出逢った、全てのチンピラ共を手胡麻にする。芦原達也よ、いざ出て参れ。悪しき習慣、とれるぞ。

4、阪元則広

太州の要(かなめ)こと阪元則広よ、いざ出て参れ。こちらの御方は、多くを語れず、、、。

こちらの四名を、日本の神様、聖徳太子こと、天照大神(アマテラスオオカミ)とし、ハレルヤ日本を待つ世界中の民にお披露目し、暮れ行くも実りの果て、大空舞う鷲(ワシ)のように、天高く舞い上がれ。

御四名よ、伊勢神宮に参れ。

道は開ける。

また、書こう。

聖書(お手本)季節の巻、一部抜粋②

《解説:キリスト》

      くれないの 

      日本に捧ぐ 

      豆知識

      全てを許す

      民の心得

喜びの彼方に、皆様を迎えに来た次第であります。この、地球一切の、難しくない、人生の仕組み。全てをお教えする時が来ました。

   夢抱き、夢破れて、灰となる。

 一生懸命に、そして、一所懸命に追いかけた、夢。その、夢、掴めず、心、折れる、その時、難しくない、流す涙、崩れる、全てを懸けた、熱き情熱。無惨にも、儚く散ったその日から、本当の物語が始まる。

抱いた情熱。冷めたその日から、暗いトンネルに入る。面影虚しく、心よりの、華やいだ心は、いざ何処へ。何の気なしに呟いた、過去を消し去る、想い出深い、そんな言葉。

    『もう、終わりだ。』

 辛い思いを、一生懸命受け止める。自分を殺めずに、そして他人を責めず、何より一人になり、悔しさと、無念さを胸に、必死に泣いて、灰となる。諦める事は何よりの成功。美しく散ってみせようぞ人間たち。

再UP(梅雨の終わりに)解説付き

夏草や たじろう花の 思い出に 素敵な音頭 聞こえくる 祭りの姿 愛しくて 女は男に 恋をして 男は引き立て 役になり 華やぐ町の 美しき 人を愛する 人徳を 見抜かれる場所 ここに有り 笑顔の咲いた 町ならば 素敵な出逢いを 捧げましょう 年に一度の 夏祭り 地域の人々 溢れくる お客を見ては 喜んで 慎ましい日々 今日だけは 素敵な感謝 受け取って 祭りのあとに 思うこと また来年も 人が来る 感謝の祭り 本当に 嬉しいひととき ありがとう 素敵な出逢い 演出し 笑顔でもって 恩返す 喜ばしいその 夏祭り 気持ちの入れ方 ここに有り 必ず来よう 来年も 必ず来よう 来年も 儚く散った 花火見て 余韻に浸る 祭りなれ 今年の夏を 待ちわびて 今年の夏を 待ちわびて、、、。

《解説①:山之内龍徳様》

《解説②:山之内龍徳様》

《解説③:山之内龍徳様》

聖書(お手本)季節の巻、一部抜粋①

《解説:キリスト》
      

      くれないの 

      日本に捧ぐ 

      豆知識

      全てを許す

      民の心得

喜びの彼方に、皆様を迎えに来た次第であります。この、地球一切の、難しくない、人生の仕組み。全てをお教えする時が来ました。
    夢抱き、夢破れて、灰となる。

 一生懸命に、そして、一所懸命に追いかけた、夢。その、夢、掴めず、心、折れる、その時、難しくない、流す涙、崩れる、全てを懸けた、熱き情熱。無惨にも、儚く散ったその日から、本当の物語が始まる。

抱いた情熱。冷めたその日から、暗いトンネルに入る。面影虚しく、心よりの、華やいだ心は、いざ何処へ。何の気なしに呟いた、過去を消し去る、想い出深い、そんな言葉。

    『もう、終わりだ。』

 辛い思いを、一生懸命受け止める。自分を殺めずに、そして他人を責めず、何より一人になり、悔しさと、無念さを胸に、必死に泣いて、灰となる。諦める事は何よりの成功。美しく散ってみせようぞ人間たち。

悔しくて

キリスト先生の弟子、
中2のユウキです
「友達に裏切られました。僕が一番最初に、りこちゃんのこと好きだって言ったんです。そしたら途中から、急に友達のたけしくんが、おれも前からりこちゃんが好きだったとか言い出して、僕に何も言わずに勝手にりこちゃんに告白して、二人は付き合っているんです。嫌いだった勉強も、りこちゃんの為だと思って頑張ってきたのに、これじゃもう全ての事が嫌になってしまいます。キリスト先生、僕はどうしたら良いでしょうか。教えて下さい。」

キリスト
『それを知った他の友達は何て言ってるの。』

ユウキ
「たけしくんは悪い事をした訳じゃないって感じです。」

キリスト
『なるほど、ひとりぼっちなんだね。』

ユウキ
「そうです。でも、最初に僕がりこちゃんを好きになったことは、みんな知っています。後から出てきて勝手に告白するのは、友達の中でのルール違反だと思います。キリスト先生はどう思いますか。」

キリスト
『そうだね、私、キリストがたけしくんの立場だったらユウキくんにゆずるけどね。どうしても好きだったら、一回ユウキくんに話をしてから告白するね。』

ユウキ
「やっぱりか〜。先生は僕の気持ちを分かってくれてます。」

キリスト
『つまりは、一回話し合いがしたかったんだよね。』

ユウキ
「そうか、そうですね。相談してくれれば、こんな辛い気持ちにならなかったのだと思います。」

キリスト
『友達を大切にするという考え方は、人生において非常に重要な事なんだよ。たけしくんにとって、そこはたいして重要ではなかったんじゃないかな。』

ユウキ
「分かりました、先生。たけしくんと僕は友達じゃないんだ。」

キリスト
『そうだね、友達とは言えないね。』

ユウキ
「なるほど。」

キリスト
『まだ悔しい?』

ユウキ
「そうですね。たけしくんの喜んでいる姿を思い浮かべたら、やっぱり悔しいです、、、はい。」

キリスト
『しかも、周りの他の友達もユウキくんの肩たたいて、慰めてくれる人はいなかったんでしょ?』

ユウキ
「はい、いませんでした。」

キリスト
『ここからは、キリストの兄、植野龍馬さんが先生だ。』

植野龍馬
『ユウキくん、残念だがこれからは一人で生きていくと考えなければならない。孤独を受け入れ、涙を捨てて、前進するのみだ。』

ユウキ
「その元気はどこからもらえばいいのでしょうか?」

植野龍馬
『そのクソの役にも立たない友達たちは、日本をダメにするバカたれ共なんだ。そういう、友達を大切にせず、自分の事ばっかり考えているペテン師を、これ以上増やすわけにはいかない。今こそ立ち上がれ、勇者よ。今ひとたびの苦労があれば、未来は明るいぞ。』

ユウキ
「勇者か〜。」

植野龍馬
『まがいなりにも、キリスト先生の弟子だ。恐れるものは何もない。友情を胸に掲げ、ひとりで立ち向かうんだ。』

ユウキ
「分かりました、龍馬さん。ありがとうございます。」

植野龍馬
『涙を拭い、目指すは熱き友情で彩られた世界。ユウキよ男になれ。一人が苦しくてどうしようもない時は、かっこいい男、甲本ヒロトさんにしがみつくんだ。』

社会人へ

おもしろくない自分を理解し、梅雨の雨に教えてもらおう。

キリストの兄、植野龍馬であります。

晴れやかな人生を送るには、御教えが必要。

まずは、今の現状を受け入れよう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝起きて 寝ぼけ眼(まなこ)を こすっては 歯磨き朝食 その後に ため息ついて 思う事 今日もしんどい 気が滅入る(めいる) 疲れてきたこの 上司との 同僚との人 間関係 いつまでもその ため息を ついては出勤 しています その人間の 業ならば なぜにこんなに 辛いのか 人様の役に 立てるなら やりがいある日々 送れると 思って頑張る しかないならば その仕事への 情熱を どこに行けば 何見れば 誰に聞いたら 分かるのと 思って本屋に 行きました 色んな本に 出会っては 考え色々 多種多様 千差万別 それならば 一体何が 本物の 自分を変えて くれる本 今まで読んで きた本は 人間知恵で 考えた 浅はかなこの 愚かさよ 少しの例外 あるなれど 貴方の成功 叶わない 自己啓発や 成功法則 有名な著者 嘆き出す キリストのこの 本読んで 心を塗り替え 国民は ほんとの知恵を 頂いて 苦労をしっかり 携えて 目先の欲を 考えず 自分以外の 者の為 きちんと心を 整えて 辛い仕事も 何となく 優しく温か みのある気持ち 持たせてもらう 事できる 「今は苦しい 人生も いつかはきっと 晴れる時 来るはずならば 頑張れる 未来が明るい ものならば 辛いこの時 受け入れて 素敵な人間 になれると 思って仕事を してみます」 そこまでの苦労 見抜き見て 今ひとたびの 苦労を見ては キリスト貴方の 種を植え もう一苦労 させましょう 己の種を 知らぬから 教えてやりたい 気持ちなら キリスト持ち合わ せておるぞ 然れどもそれを 教えては 成功出来ぬ 仕組みなり どんな種か 知らぬから どうして成功 出来るかを 知らないからこそ 苦労なり 貴方に苦労を あげまして しっかり実った ものならば 振り返る過去 辛い日々 涙なしでは 語られぬ ほんとの財産 これこそが 貴方を素敵な 人間に 美しいその 振る舞いを 気配り目配り 完全に 大人の姿 稲穂かな キリストの本 世に出たら しっかり本を 読んだ人 読んでない人 すぐ分かる 女は男に 求めるは 目では見えない 人徳を 積んだ男を 探すなり 金持ちなれど 人徳を 積んでなければ 笑われる テレビに出ては 我が顔(つら)を お披露目しては 誠実さ 見せかけだけの タレントならば それ見た視聴者 一発で 見切って応援 しないなり 表の顔(つら)と 裏の顔(つら) 使い分ける 事出来ぬ 時代になって いることは 十分承知で あるであろう 芸能人よ たくさんの 思い出作った 事であろう 人の役にも 立ってきた これから先の 視聴者は テレビについて 疑うぞ 人間心理を つきまして 要領よくその 商品を 番組制作 器用だけ 小手先だけなら すぐ見抜く 一生懸命 作ったと 人様の為 作ったと 言うもの出てくる だけれども テレビを見ない 人間が これだけ増え続 けるならば 今まで歩いて 来た道が 外れておる事 知らずして これから先は 歩けぬぞ 心に真の 感謝持ち 貴方の苦労 伝わるならば 素敵な手柄に なるであろう 何度も言うが 小手先で 見せつけてその 感動を 感謝をもらおう 見抜かれる 思った以上に 見抜かれる 一般の会社 同様に 苦しむ会社の 同僚を 上司を見ては どこまでの 苦労をすれば 良いかなど 考える暇 ありません 自分でしっかり 自分の事を まずは考え その後に 自分以外の 事の為 自分以外の 人の為 手柄取り得 やってみよ 貴方の心の 所作を見る 貴方の心の 所作を見る、、、。

ちょっと待って

キリストの兄、植野龍馬です。今しばらくお待ち下さい。

waitnobita

このような事態の時に、どのようにして対応すればよいか、申し上げます。

人を待たせる時に、貴方に必要不可欠なものは、まず相手を待たせる勇気と、その間、待ってもらえる時間をできるだけ短縮し続ける事と、あとは、「ちょちょちょちょっと待って」の「ちょ」を、何回言うかです。

一回目。
再生ボタンをクリック。

相手を待たせる。それは、好きな相手ならなおさらに。嫌いな相手なら、全体的に変えなければならない、「ちょっと待って」。

まずは好きな相手に行なう「ちょっと待って。」

再生ボタンをクリック。

面持ち優しく、待って欲しいと緩やかに願うこの気持ち。言えば伝わる、しかしながら言い方次第の気持ちを乗せた御言葉。瞬時に繰り出さなければならない絶妙のタイミングをしくじることなく、しかしながら、しくじっても良きに計らえ。間違える、言葉を詰まらせた、すぐに伝えなければならないという相手の為への計らいを、良き加減と受け取ろうとする。なんともいじらしい、好きな相手とだけ伝え合う以心伝心。

最初は練習が必要です。
再生ボタンをクリック。

しかしながら、意味深い、「ちょっと待って。」 相手に対し配慮を設けるが故に、受け入れる相手側は、心良く少しだけ待とうと考える。気遣いの習わし(ならわし)を、多分に取り入れた日本の伝統文化は、これからも受け継がれていく事でしょう。

また、書きましょう。