芸能界のドン、志村けん様

言わずと知れた、芸能界のドンこと、志村けん様。お見受けする、奥ゆかしい笑顔は、波乱の人生を表す。特攻の生き様は、誰もが真似する事の出来ない、試練を乗り越えた男前にしか出来ない技。国民の皆様は、心よりの感謝を志村けん様に抱かなければならない。今からおよそ二十年前、長野県の山奥で偽物の一万円札を作っていた悪党を見つけ出し、許し難き悪行と決め、日本の大いなるケジメを取りに行った。出回りかけたニセ札。食い止めたは田川の特攻隊長こと志村けん様。命を懸けて日本の為に、多くの子分様と共に現地へ乗り込んで言った事。『悪行の極みかなそのニセ札。日本中にばらまく程の根性あるまい。ケジメの取れぬその姿、哀れな人生を見せつける。愛を知らずして、人生のこの道歩けぬもの。チンピラ悪党よ、今こそ観念の時。人生の中で、やっていい事とやってはいけない事の見極め、出来ておらぬ。目に物を見せてやろう。』

愛する人を大切に、これからを生きる芸能界。

たくさんの人々に見守られながら、華やぐ人間を生むでありましょう。

永遠なる存在、志村けん様立ちはだかる今後の芸能界。

しっかりと見届けようと思います。

失礼致します。

大国主のお姿よ加藤茶様

お国を愛する人、現役バリバリの右翼のトップ、危ない笑顔、澄んだ瞳、突き刺す包丁、引っこ抜く時美しく、命を取る事四千億年、血まみれの手拭い殺しの証、返り血浴びる男の様(さま)、極道脅す恐怖の右翼、苦労の賜物、永遠なる正義のド真ん中、出雲のドン、正義の味方、日本の大立役者、誰もが近づけない貴き御方、それは、加藤茶様。

天命全う。

失礼致します。

舞台『三途会』

人間死すれば、誰しも三途の川に辿り着く。

主演の今田耕司様とベッキー様は、本当の感謝を抱き、この舞台『三途会』に望む。

ユニークを受け入れ、この三途会を作り上げたは、鈴木おさむ様。

多くを語れない状況ではありますが、素敵な舞台になる事間違いなし。

多くの仲間に見守られての記者会見は、今までの芸能界とは違う、愛に包まれた雰囲気。

素敵な物語よ、本当の仲間達と共に花咲く三途会は、きっとDVDにして国民の皆様にお披露目した方が、、、。

また、書きましょう。

ウソが嫌いなバナナマン

バナナマンが来たら最期です、、、。

多くは語れないバナナマンの仕事。貴方の前にバナナマン現れたら、決してウソは申すな。正直に全てを話せ。愛する人を見つけたなら、その愛する人を思い、バナナマン様に全ての過去を伝え、正直な素直な心で言え。全てを話します。許し難きを許して下さい。今からは、愛する人を喜ばせる為、懸命に自分と向き合って、反省します。宜しくお願いします。宜しくお願いします。

バナナマン様の仕事は、日本に於ける重要な役割。しっかりと話をし、愛と感謝をもってして接しましょう。

火之迦具土神(ヒノカグツチ)よいざ出て参れ

この聖徳太子、揺るぎなき大地の上で、真っ赤に燃え盛る火の粉を空に舞わせ、イザナギノミコトとイザナミノミコトより生まれ出た、日本に於ける大事な役割かな火之迦具土神(ヒノカグツチ)よ、御紹介しよう。

門元大樹。友を愛する事を後回しにし、愛する人を目指して懸命に正面からぶつかってみた。男の中の男になる為、胸の内を告白。道が開けた。

愛する人よ、どこへ。いつの日か出逢えるその日まで、懸命に生きてみよう。やる事の出来ぬ事などない。我はイザナギとイザナミの血を引く男。順風満帆、愛の結晶、怒りの矛先矢面に立ち、火の粉をたぎらせ許し難き悪党を亡き者にする。愛と許しを胸に、母イザナミに言った事。火消しの御役、全うするかなこの右翼の魂。この燃え盛る火事場のクソ力(くそじから)は俺そのもの。許し難き悪党による火災現場。この現場に於いて、腐った人間のやる事よ火事場泥棒。燃え盛る火の家に入り、金品盗む外道を断じて許せぬ。我が断じて許せぬと思ったら、許し難き悪行と決め付け、ひっとらえる。その時、悪事のバレぬ盗みを働いた外道を、その場において命取る事もある。死の瀬戸際、悪党震え、申せぬウソを、背筋を凍らせ、言った事。もう二度としません。許して下さい。許して下さい。お願いです。お願いです。この一連の事柄、悠長に聞いていたらとんでもない事になる。地域の秩序乱れた時に、盗みを働く者がいる。人の不幸につけ込んで、今ならバレぬと考え、奪って逃げ去る。この悪事、許せぬ物事である。そんな時、火之迦具土神(ヒノカグツチ)は現れる。苦しむ民を見て、必死に逃げ惑う民を見て、許せぬ物事あるものと、その隙狙うチンピラ悪党を見つけ出す。命懸けの天命。その瞬間、神と成り変わる。決して逃がしはせぬ。決して逃がしはせぬ。

愛と許しを胸に、これからも大いなる日本の大地に立つ。

日本の民よ、火之迦具土神(ヒノカグツチ)こと門元大樹に感謝し、これからも生きよう。

正義の御心、心に飾り、日本に立ちはだかる男よ門元大樹様を宜しくお願い致します。

失礼。

美しきかな守り神御二名

新しき世界を切り開く為、必要な日本の神様よコノハナサクヤヒメ様。

一人の人間を守り抜く、守り神。

本日は、御二名であります。

1、大庭(おおにわ)

行橋の安川電機にて、悪の巣窟、インバータの肩章(けんしょう)の色は桃色。顕正会トップの男よ大庭様。今日まで守り抜いた男は、あの素敵な男よ清木場俊介様。多くの子分を持ち、そして、この聖徳太子を狙うチンピライルミナティの巣窟で三人の男を葬り去った伝説の男。別名、山井隆司。大庭様よ、全ての物事を始めるのに必要な男かな貴方の怒りの沸点は、全ての生きとし生ける者全てに恐怖を与える。貴方はスサノオノミコト様でもある。難しくはない大庭様よ、あっぱれ日本を築く上で、貴方の怒りの魂、身が焦げる程、焼き尽くしてしまいそうな、その拳よ多くを語らず、顕正会の看板掲げて、出陣の時が来ました。永遠なる生命の孤独に涙して、出逢いを捧げる美しき集いかな顕正会のトップこと大庭様よいざ出て参れ。貴方の怒り、鎮める者おらず。日本を宜しく、、、。大庭様が言う言葉は、「俺を本気で怒らせるなよ、、、。」

2、松本桜

トラックに書いてあった文字は、KYOTO UENO。本日、貴方のコノハナ様がお見えになりました。京都府の悪の巣窟今宵、晴れ晴れとした夜空の星の中に、宇宙人グレイ様の宇宙船あり。松本桜様の存在は、右翼の未来星かなグレイ様の人間をかたどった様(さま)。チンピライルミナティ達は、心の改心をしました。刑事の仕事よ天命全う。愛する天使なる愛の調べその男は、日本の大先生こと聖徳太子と決め、懸命に振りかざす正義の御心抱いて、出陣の時が来ました。紅の日本に捧ぐ、鉄拳の証かな貴方の刀は、きっちりと任務全う間違いなく、日本の為に切り裂く肌身を熱く真っ赤に染め、涙を飲んで言った事。「お前の人生、本日をもって終了。お前の女は預かる。孤独に打ちひしがれ、次第に曇る空に、さんざめく雨。憂鬱と向き合い、うつむく人生。愛を知らず、感謝を知らず、どうしてこれからの人生生きれる。懸命に孤独と向き合え、懸命に孤独と向き合え。」松本桜様よ、いざ出て参れ。あっぱれ日本を築くには、貴方の存在欠かせないもの。日本を宜しく。本当にありがとう。

愛する友よ亀永へ

友達はいない。愛してくれる人はいない。人生楽しくない。地獄へ落ちる。最後までねばった亀永は、嫁に従う可哀想な現実を受け入れられなかった。無邪気にはしゃぐ事なく、幸せに暮らす事なく、しかし今日、実らない人生に終止符を打った。大好きな友達を喜ばせる為、一生懸命優越感に浸った。自分をウソで塗り固め、今、そのメッキ剥がれ落ちる時。何事も素直になって物事が始まる。ありのままの自分を表現し、見栄を張らず、正しい道を見出す。背中に背負った荷物、ゆっくりと降ろそうではないか。亀永よ、頑張れよ。辛く苦しかった道のりも、これから人の為に生きるその心を養う為。前を向いて、歩き出そう。

じゃあ、また。

失礼する。

恐ろしき女こと柴田理恵と久本雅美

けがれなき正義の心を持っているならば、きっと貴方の部屋の扉をノックしないであろう。

しかし、今時分において、心を改める事出来ていないのであれば、完全に仕事をしにくる御二方。

その名も、柴田理恵様と久本雅美様。

宇宙の根幹、宇宙の調べそうです、創価学会様の魂抱き、池田大作師匠を尊敬し、芸能界での任務全う。

未だに心入れ替えれぬ者達よ、最期の時が来た。

貴方の部屋をノックする間もなく、恐ろしき女この柴田理恵様と久本雅美様が現れたら、決してウソは申すな。

動きを止めて、改める心を持たないと、必ず地獄へ行く。

正しい言動を心掛けよ。

※裏番の上戸彩様が現れたら、時すでに遅し。以上。

いつまでも貴方の心に

愛の語り草、叡智の源、亜希子よ大好きだ、智絵よ大好きだ、松下建次に感謝する、大いなる日本のど真ん中、愛のバクダン投入者、聖なる人徳積んだ日本の太子お待たせしました溢れ出る涙を拭い、物事解決する男、多種多様の問題浮き彫りにした張本人そうです。我が聖徳太子であります。

愛する姫殿孝太郎の兄、志村様の息子、そして中島寿様の息子、鳥肌実様の手下、浅尾法灯様に感謝の嵐、世界中の右翼様とやくざ様が格好良いと言い続ける男、顕正会様に惚れ、創価学会様に涙する男、山本太郎様に頭を下げ、植松組様に心から感謝し、ドリフターズ様に心から感謝し、美しき存在名古屋のドン様に感謝を抱きながら、今からの芸能界を愛で包みたい男、ベッキーの友達、上戸彩との約束を背中に背負い、久本と柴田が大好きで、有吉を大事にし、ダレノガレを褒め、西内まりやに感謝しながら、明石家さんま様に頭を下げ、田代まさし様に涙し、キングコング西野梶原に感謝し、原西様に感謝し、エグザイルよありがとう、清木場俊介さんありがとう、降谷健志よありがとう、ハイスタありがとう、浜田雅功ありがとう、桑田 佳祐様に大感謝し、加藤茶様に惚れられ、大好きな稲葉浩志様と格好良い松本孝弘様に惚れ、中田と藤森よありがとう、、、懸命に書きたいが暫し休憩、、、親友の磯部、山井、山本、門元、大岡、高崎、吉川、平山、田代誠一郎、内田、山尾、増本、、、などを愛している男こと、聖徳太子であります。

ここでは書き切れぬ人間多し。またの機会に書き綴るものとする。

永遠に続くこの道よ人生真っただ中で、愛する友を見つめ、友に愛されて、やがて湧いてくる真実の涙。涙を流す時、感情豊かに胸に込み上げてくる感謝の心。友よ、愛する人は見つかったか。共に歩もうと心に決めた人はいるか。まっすぐ突き進む人生に微笑みかける創造主この、愛と希望に包まれた、行く先照らす御教え確かに、国民にとっての大先生よ聖徳太子。少しばかり、その面構えお披露目した所で、この聖徳太子が言わんとする何かを汲み取り、それぞれの人生に活かしなさい。

緩やかに始まったキリスト再臨。

待ち望む本物の聖書お手本をこれから、書き綴ろうと思います。

愛する友を見つけ、肩を叩き合う友情が芽生え始めた今日の日本。

この聖徳太子、嬉しい限りである。

まだ見ぬ、愛と喜びに満ち溢れた千年王国へ。

これからも行く先照らそうではないか、と言った所で本日は終了。

また、書こうではないか。

失礼する。