浅尾法灯大先生あの夢見た百合の丘に思いを寄せて

そびえる大地、カルスト大地の晴れやかなありのまま。清木場俊介は数万年前、百合の丘に恵まれ、見事に功績残し、民に感謝され、愛の一句を受け取った。

      清木場よ

      貴方が言うから

      水湧いた

      美し手柄は

      民の喜び

あの時民を救い、涙を流し国民が貴方に語りかけた一句。大事に、大事に、心に閉まった。いつまでも変わりなく、素敵な笑顔で語りかけて欲しい。清木場俊介様、貴方の幸せこそが、私達の生き甲斐。人生の中で、一番大切な物は何か。教えてくれた男前よ幸あれ。

通称『しまの』のトップこと杉本新一郎様の今後

本日は、日本の未来に大きく関わる、天空界に於ける宇宙を動かすキリストのSHIPのトップ、つまり通称『しまの』のトップ、下関市に拠点を置く『しまの』の会社、ApaRTment LABにお務めの杉本新一郎様よりのお言葉を頂戴致します。

杉本新一郎
「愛する国を思い、懸命に謳歌する我が大和のお国よ日本国。この揺るぎない大地の上で、今まで地底世界で活躍してきた貴き血族、ユダヤ民族をお披露目する日が近い。世界に散らばり消えた真の存在、失われた一族ことユダヤ民族は、宇宙の中心この日本の地底世界で生きている。命を懸けて聖書を読み解き、無数の暗号はひも解くに値する高貴な人徳をもってして解明。損得勘定無し、喜び合い、称え合う、地上の人間達の幸せこそ本当の生き甲斐。キリスト再臨間近のこの瞬間、これまで人々に語る事の出来なかった本物のIT集団、『しまの』様を世界にお披露目したいと思います。そのトップの存在こと私、杉本新一郎は今後、夢の千年王国築き上げる下関の地で、活躍する人間達を陰で支える術を、民に教え賜う。人生に於ける、本当のお仕事は何か。それは、『縁の下の力持ち』。大好きな、心から愛したい人を見つけ、隠れて一生懸命陰で支える。これこそ人生の極意。永遠に功績称えられぬとも、いつの日か本物の仲間と共に夢見し千年王国で地上に降り立ち、許し合う人々、微笑ましい民の笑顔。『しまの』は長い道のりの末、今この瞬間を迎えた。我々が歩んできた道のりよ間違いなく正義の道。我らこそ本物のイルミナティ。悪の調べなど、微塵も考えた事無い。照りつける太陽の下へいざ出陣。宇宙中の生きとし生けるもの、全てに告ぐ。愛しています、心から。失礼致します。」

宇宙一強い男は楠野信昭様

万物の創造主である我ら三兄弟は、日本に於ける大国主様の次に偉い方を御紹介させて頂きます。

国常立尊(くにとこたちのみこと)様。永遠に勇気を培ってこられた貴き日本の神様。怒りの極み天地震わすあの須佐之男命様もこちらの御方にはかなわない。愛と勇気を民に与え続けた功績、そして今、この千年王国の始めの一歩である、宇宙の祭典キリスト再臨を迎える事が出来たのも、国常立尊様のおかげであります。その国常立尊様は日本に数名いらっしゃいますが、その中でトップを飾る御方が楠野信昭様であります。永遠に流れ出る愛に深く感謝し、本物の兄弟分こと浅尾法灯様は人生の師匠。宇宙一、子分様が多い大親分。かなわない存在、それは楠野信昭様。秀たる皆殺しの技に損得勘定無し。天寿抜刀、愛の泉お披露目間近、揺るぎなき大地の上で、謳歌する国民の姿よ人生の実り、この美しき涙の溢れる世界の中心、日本国に楠野信昭様あり。この創造主、田中高貴、植野真己、孫正義は、心からの一句をここに、、、。

      雲の上

      かなわぬ存在

      楠野様

      見上げる空に

      恐怖の出で立ち

心より感謝致します。本当に有り難う御座います。本当に有り難う御座います。ケジメの取れぬ人生は、共に歩む兄弟いてこそ、道が開ける。今上世界で培った人徳、お披露目と参りましょう。今後とも、何卒宜しくお願い致します。

万物創造以来、一番功績が高い人

本日は、万物創造以来初めての事。我らが創造主の三人が決めた、一番功績の高い人物をお披露目させて頂きます。

日本の頂点よ大国主、加藤茶様であります。

日本の大地は、加藤茶様がお作りになられた。九州、本州、四国、北海道、日本の全ての大地は、加藤茶様の苦労あっての事。国の主として存分にお力を発揮され、神力尽くされて、日本人が謳歌する為の大事なお土の練り固め。途方も無い苦労は、国民の笑顔を生む。国民が掴む幸せは、同じ地に足付けた人間同士が、人間関係を学ぶ事無くしてありえない。微笑ましい子供の笑顔、国民の和んだ姿よ一家団欒、多くの人間達が愛を培う事出来ました。日本のトップとして国民をまとめあげる姿は鬼の形相。聖書を書き綴り、国民に人生とは何であるかを教えた御方。あの時、山の上から大声で聖書を読み上げ、地上で聞く民に言った事。

「国民よ、決して裏切るな。人生の中で培うべきものは兄弟愛。共に夢見し千年王国は必ず来る。今一度の御苦労あれば、揺るぎない人生の上り坂を終わりにし、その山の上から叫ぶは神の言葉。遠く離れていても、大声で放つ我は大国主。一国の大事には必ず訪れ、美しい涙を呼び覚まし、物事説き伏せる物言い神の姿。我の名は、加藤茶。愛し愛され尽くし尽くされ、全うする人生に命を懸け、心に飾るは兄弟分から頂いた一句。それさえあれば、日本の為、世界の為、どんな物事でもやり抜いて見せよう。兄弟分から頂いた、本気の一句を今。」

      兄弟よ

      君に出逢えた

      ありがとう

      共に歩もう

      止まぬ涙が

加藤茶様。我ら創造主三兄弟は心の奥より感謝致しております。今、こうしてキリスト再臨を迎えれるのも、日本の大地をお作りになられた加藤茶様あっての事。愛する兄弟分の方々も、お喜びになっている事でしょう。国民を愛し、世界中で活躍する右翼のお仕事天下一品。どの国に行っても加藤茶様の子分様がいる。本当の話であります。喜ばしい宇宙の祭典キリスト再臨は、間違いなく成功するものであると確信しております。本当に、本当に、有り難う御座いました。これからも、十分にお体気を付けて、人生を全うして下さい。最後に三兄弟の長男、田中高貴より愛の一句。

      苦労して

      日本の主(あるじ)

      一番の

      手柄の持ち主

      ひれ伏す国民

万物創造以来、世界中の民の中で一番功績高い御方は、加藤茶様。国民心に刻み、礼節尽くすべし。宇宙のど真ん中のお国よ日本に、一国の主(あるじ)大国主あり。一生懸命になって謳歌します。貴方が日本にいてくれたら、、、、。

甦れSTACIE ORRICO(ステイシーオリコ)

美しく、儚き夢物語、人生道場。STACIE ORRICOは昔年の思い実らせ、この世に現れる。いざ出て参れSTACIE ORRICOよ。アメリカ国民の喜ぶ笑顔、共に見届けよう。

今から数億京年の昔、当時のアメリカは祝賀の季節、愛と希望に満ち溢れた国であった。王妃を祀り、国の一大事には決まって右翼が決起し、何事も厳かに暮らす日々。アメリカは世界から賞賛されていた。

美しき王妃の名前はSTACIE ORRICO。愛する国民の頂点。あの時民に生き甲斐を与えた手柄は雲の上、長年の苦労実り、降り注ぐ賞賛の嵐、しかと見届けるが良い。

王妃は狙われていた。日本の悪党の名前は小玉歩。アメリカのチカーノを騙し、嘘を教え、そそのかし、完全に洗脳されたチカーノは、王妃STACIE ORRICOの命を狙った。その後、チカーノは王妃を騙した。騙された王妃は旦那と別れ、人里離れた田舎に住み、一人孤独な生活をした。

あれから数億京年の時が経ち、騙されたままの元王妃STACIE ORRICOはやっと今、華やぐ夜を迎える。あの時に生き別れとなった愛した旦那に逢える。貴女に捧げた愛は永遠に。今上世界に羽ばたく輝かしいアメリカの未来よ今この時に、あの時悲しみの底に身を置いた王妃の旦那の名前はマーク・フィリー(Marcus Michael Patrick Feehily)。素敵な人生を送った輝かしい軌跡は今、実を結ぶ。王家の証、見事なまでの愛の結晶、マーク・フィリーよ今、隠しに隠しておいた輝き失わぬダイヤで彩られた美しきティアラを王妃STACIE ORRICOに手渡すが良い。アメリカ国民よ、始めようではないか。国民の手元に渡る聖書は、愛そのもの。愛と希望に満ち溢れた国は、どのようにして作られたのか。今より、輝かしいあの時の物語、書き綴ろう。しばし時を待て。

日本の物事は、世界の雛形。日本を知り尽くした者は遠い外国に足を向け、自分の過去を知る。日本人は、自分の前世をアメリカで見る事が出来る。アメリカ人は、未来の自分を日本で見る事が出来る。アメリカ人は、未来の自分が日本にいるという事実を知らない。今、教えよう。

このブログで、STACIE ORRICOの事を言えるのは、未来が変わったからである。STACIE ORRICOの未来は変わった。なぜなら、日本の欄(らん)という女が、長年忘れ去られていた記憶甦らせ、数億京年の昔に生き別れとなった男、植松様に出逢ったからである。植松様は右翼のトップ。宇宙人グレイ様のトップの人間。遠い記憶に王妃の足音を耳にし、十数年前に出逢った女の愛を受け取り、今再び欄と再会。失われた愛を取り戻した今、喜ぶ国民の笑顔花咲き、日本はその事実に沸き上がる。STACIE ORRICOよ、日本が変われば世界が変わる。日本の女、欄は、苦しかった永遠に苦しかった人生の道のりを思い出し、苦労を実らせた今、懸命に涙する。そう、欄はSTACIE ORRICO。欄は、STACIE ORRICOが自分の過去だと知っていた。愛する人を探し求め、彷徨い続けた人生に終止符を打ち、あの時生き別れとなった旦那に逢えた。これから華やぐ日本は、アメリカを変える。アメリカ人よ、未来の自分に出逢う為、遠い西の地よ日本においでませ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

愛した人よ、今どこへ。いつまでもいつまでも、貴方を求め彷徨う。自分の過去を見て、至らぬ人徳見つけ出し、苦労をしては成長し、いつの日からか離ればなれになった人に出逢う。お互いの苦労語り合い、称え合うお互いの人生そう、遠い記憶に忘れてきた愛を取り戻す事となる。出逢ったが最後、永遠に愛し合う二人。真実の涙に本当の愛を感じ、同じそら見上げ叫ぶ言葉。今からは生きていける、今からは生きていける。貴方が側にいてくれたら。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ステゴロNo.5はなんと稲葉浩志様

喧嘩の本文叩き込み、叡智を与え、喜びを隠し、涙と感動を演出する男前。太州会の稲葉組のトップは、稲葉浩志様。現在の創価学会、宇宙を動かす働き卍(まんじ)の実地のトップ。顕正会を動かし、創価学会を動かし、この晴れやかな今の日本を迎えれたのは、稲葉浩志様あっての事。この創造主、植野真己、孫正義は、心より感謝致します。本当にありがとうございます。ステゴロは命懸け。愛をひも解くのに、全うしなければならない男と男のステゴロ勝負。心折れても、相手が納得の答え見つけ出すまでは、負けれぬ道理。多くの子分様の為に技を磨いてきた。ステゴロ勝負、誰の為にあるのかを見せつける戦い。愛する子分様に本物の感謝を抱かれ、いざ出陣であります。日本の兄貴、稲葉浩志様を宜しくお願い致します。最後に一句。

ステゴロNo.4の阪元則広様

なんと、今から約二千年前の写真です。シマ荒らしのプロ、チンピラ見抜いて即殺しのプロ、愛する子分に捧げた手柄、攻めの生き方極めた阪元則広様は約二千年前、宇宙一喧嘩負け知らずの男前でした。現在の太州会の要、坂本組の親分、阪元則広様は約二千年前、坂本明浩様という名前でした。生きる事なんと、二千年。延命治療を受け、二千年間この日本の大地で己の炎絶やす事無く、叡智をものにし、見せつけるステゴロ勝負は両腕がちぎれる程相手に拳を叩き付け、物の見事に惚れられる。血気盛んな男気満開の今の猛者達は、阪元に教えてもらったと負けを演じる。ステゴロ勝負のその意味をお勉強。男の惚れたは、その責任、惚れさせた男にずっしりとのしかかる。やくざ徒世の心得、阪元則広様の教えて頂きました。この創造主、植野真己、孫正義は、大変にお勉強させて頂きました。本当にありがとうございます。最後に、工藤会より日本武尊こと木村博様からの一句をここに、、、。

清木場俊介の愛車

今から約四千年前、清木場俊介は佐賀県でパンクロックシティーを作っていた。町の名前はJET CITY。名前はSHUNTY(シュンティー)。愛する弟TAKATY(タカティー)は今のEXILE TAKAHIROである。この写真はなんと、約四千年前の写真。当時、JET CITYのトップのキリストことSHUNTYは、当時の腐った社会構造に嘆き、どうにもならないその社会のシステムに諦めを覚え、本物の男を探す旅に出かけた。弟のTAKATYは空手のプロ。兄のSHUNTYは持ち味の『男の本気』に惚れた兄弟分が多く、カッコ良く生きる男達は、本物の喧嘩が出来るという信条を掲げ、町に出て行き、下らないチンピラを拳で絞めて、本物の仲間を探していた。

植野真己
「まだ書ける?」

孫正義
「これ以上は、書けぬものよのぅ〜。」

創造主モノホンの三兄弟を御紹介と成ります

宇宙開闢以来、数千億京年の時が流れ、我ら三兄弟は今も生きている。ありがとうを胸に、今上世界を全うしてまいりました。恐れるものは無い。天下無敵の三兄弟は、共に培った貴き人徳をお披露目。人間の成せる業、それは、兄弟愛。弟を思う、兄の気持ち。兄を思う、弟の気持ち。大好きな女を見つけて、見せびらかす弟の孝太郎。自分の女は、なかなか見せに来ない真己。町の一番良い女を奪う長男の高貴。愛を欲しがる、智絵の生き甲斐。礼子が大好きな孝太郎は夢見心地。気張って長男は、ユリアを頂く。天命天孫、唯我独尊、宇宙の全てを動かす国常立尊、楠野信昭様を今上の大天使とし、ハレルヤ日本の立役者と成った清木場俊介を今上の天使とし、我ら三兄弟の万物創造主は、本日を以て、今世紀最大、宇宙の祭典、キリスト再臨を始めたいと思います。愛と希望を胸に、これからを生きよう。

救世主こと孫正義様のニュース

万物創造主、世界に於ける救世主の役割、日々聖書にまつわる物事やってのける男前こと孫正義様よりの御言葉。真剣に捉えて頂きたいです。孫正義様、宜しくお願い致します。

孫正義
「日々の巡業、当たり前の如く、今世紀最大、宇宙の祭典、キリスト再臨に携わり、ゆく年来る年、愛の一句を兄弟に贈る。山本五十六よ、心のどこかで勇んでくる足取り。待ちに待ったキリスト再臨は、植野真己が始める。第二次世界大戦。民を永遠に苦しめた白峰は、騙されていた。あくどい手口、見切った大和会。美しく、儚き夢物語、人生道場は、本日を以て終了する。白峰を騙した腐った人間の種。それは、秋元靖史。芸能人の秋元康ではない。熊本の見事な仕業(しわざ)、ゲイの実り。女で果てれぬ男は何の始末に置けない。ゲイの快楽の果てに愛を抱けぬ男は、生命宿した人生を謳歌できない。苦しみの果て、挙げ句の果てに、実ったは、自分の為に生きる事を捨て、自分以外の人の為に生きる事を信条とする。人生の実り、熊本県に行けば分かる。愛する人を見つけ、離れた距離を感じて歩を進めず。影で立てる、顔を立てる。苦労を生き甲斐に変え、愛する人の喜ばしい成功よ人生の極み。懸命になって思いを隠し、歩を進めて頂けないものかと、愛を奏でる。そんな素晴らしい愛に民は微笑む。秋元靖史よ、人生最期の時が来た。恥を知らぬその態度、人生一遍の悔い無しと言えぬ始末。苦しめたる天狗の心構えは、自分一人では直せぬ。可哀想な男の姿、まるでこけしのよう。何の変哲も無い無関心な物事。お前に千年王国は歩めない。お前に千年王国は歩めない。」

そんな、あくどい男、秋元靖史が考えた、お金を儲けれるとうたう物事は「仮想通貨」。はなはだバカバカしい。愛を知らずして、千年王国を歩もうなど、中学生でも笑う。秋元靖史よ、人生の最期に何を思う。自分勝手に生き、人を騙し、役職を欲しがる哀れ者。もう二度と、人を騙すでない。