創造主になられる御方

誰もが応援する、素敵な人徳積んだ男。貴方が空に向かって叫んだから、叶えてやろうと言った。隙間なく愛情たっぷり。永遠に友情の波起こす人徳。感謝の固まり。多いに友情引き裂くならず者退治。世界中の歓喜する清木場祭りはすぐそこ。ブログで聖書を書こうと思ったが、やめにした。一冊の本にし、世界中に届けると、そう決めた。ありがとう清木場俊介。貴方こそが我に見せつけた、美しき花。手に取り、癒してくれたその花を見て、兄弟分と涙を流し、人生どんなに辛くても、生きていけると思った。もう、あの兄弟に逢えない。淋しさ紛らわせる毎日が、苦しくて苦しくて。兄弟よ、道ばたで見つけたあの、美しい花はどこへ行けば見つかる。愛と希望を失った俺には、心支える何かが欲しい。あの花を、胸に抱きしめて、いつまでも抱きしめて、、、。そう、あの素晴らしい愛をもう一度。

日頃の行ない

全国公演依頼殺到中。

右翼の涙、心意気の見せ所。右翼のトップ、ユニークなれ。変態手胡麻にし、くるくるポン。厳しく段取り、余裕の護衛。植村花菜、王妃の扱い。西内まりや、愛おしき『ありがとうfoever』。旧姓:西村亜希子こそ、我らの手柄。上戸彩の存在、美しき女のしわざ。旧姓:松本協子(ウルス アリアロス)、救出作戦決行。お国の為に人殺し、何のその。右翼の種、しつつある開花。perfection、THE END。

永遠なる時の流れに立ちはだかる鳥肌実様。国民は講演会に行きなさい。多くを学ぶ事になります。アムウェイの勧誘、緩やかに心許し、買わなければならない状況を確認し、納得のいかない物事もあるものだと、なすがままの弱い自分に出会い、お勉強させてもらいなさい。

『ああ、日本の為に天命全う。創価学会を断じて許せぬと思ったのも、大好きなアーチスト池田大作様のクローンが4人いたから。長らくの間日頃の行いとして、本物の池田大作様を探していましたが、、、下関ですか。下関にいるのですね。分かりました。また一つ増えた、美しき手柄。手柄の多い私に、どうか頑固になってせこいと嘆いて下さい。』

懸命に駆け抜けた青春。

あの時の動画をここに、、、。

日本出航の年

愛に包まれ、希望の国日本の中で、出逢いを大切に今年一年、皆様は何を心に掲げ生きるのでしょうか。人間の枯れ行く姿、紅葉の季節を思い出にし、冬の到来と共に未来を考える時。今一度、真剣に考える必要があると言い切ります。遅れて申し訳ない、明けましておめでとう御座います。本年もこの聖徳太子、存分に己の力発揮し、愛と希望を胸に前進致します。どうぞ宜しくお願い致します。

新年の抱負を考えなさい。

抱負とは、抱きつつある物事の考えを背負う、という意味であります。新しく抱きしめる今年一年の成長を今、胸元で抱きしめるのをやめ、背中で背負って生きていく。つまり考えで終わらせずに決断する。それが「背負う」であります。重過ぎる抱負は、成長を妨げる。軽くては味わい深い人生は歩めない。一生懸命になって、考えなさい。

最後に、この聖徳太子の抱負。

受け取るが良い。

三社参り

神社に飾られたしめ縄見て、新たに心結う気持ちの入れ替え。お正月の姿勢、一年の有り様。心新たに迎える新年を受け入れ、心無しか穏やかに和む一家団欒(いっかだんらん)。大晦日のこの日に、人間達は多くを知らなくてはならない。

清く正しく。兄弟人生を歩む人間達は、目では見えぬ大昔からの龍神様に見守られている。新年を迎えるにあたって、その先祖代々伝わる地域の守(もり)をする神様に、頭を下げに行かなくてはならない。常日頃、病気、事故、災難、多くの陰(マイナス)からその心と体を守って頂いている。神様を頼りに生きる。これこそが礼拝の極意。神に祭ろう姿、微笑ましい以外に考えられない。そう、三社参りについて話をしよう。

本来ならば、自分の知っている全ての神社に足を向けなければならない。しかし、これまた気の毒。一年では参りきれない。よって、三つ巴(みつどもえ)のしきたり汲み取り、三社までとする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

①氏神(うじがみ)

自分が住んでいる地域にある、一番近くで守護をして頂いている神社様の事。

②産土神(うぶすながみ)

自分が住んでいる地域の守(もり)をしているやくざ様が通う神社様の事。

③愛する人の氏神様

兄弟人生歩む心構え、愛している人の地域にある氏神の事。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今の時代まで、三社参りの極意言わずにいました。お正月に、きちんと三社参りすれば歩める兄弟人生。女、子供も、清く正しい人生送れる。習わし大事に、ケジメの覚悟身に染みて、やくざ人生歩む人間達に、礼節尽くさなければならない。今上の人生で、やくざと右翼をする者は、八百万の神(やおよろずのかみ)である。正義の心抱き、日本の為に魂尽くす姿、国民のお手本。永遠に大昔より、やくざはやくざ、右翼は右翼。見習う男の心構え、カタギはお勉強。年頭の挨拶に行かなければならない。自分にとっての、氏神、産土神、愛する人の氏神、それぞれ分からないのであれば、八百万の神に頭を下げて聞くが良い。

愛する人への願い事は、心で言わずとも、神社に鎮座する大昔からの龍神様は御存知である。口を閉じ、心は沈黙。頭を下げて、黙って立ち去るが良い。

DJ SHINTARO

音楽の喜び、愛の叫び。心に流れる音楽は、貴方に何かを語りかける。喜ばしい人生の道の途中、愛のメッセージを与えたいと考えるdisc jockey。貴方の人生を称えるが如く、真の音楽を熟知し、適切に贈り届ける。現在DJをしているDJ SHINTARO様は、与える愛を限りない喜びとし、その場に見合った音楽を人々の心にかける御役。天空世界で華やぐDJの姿は、現世のDJ SHINTARO様を見れば一目瞭然。その動き、正確な物であります。

救われる人間達の心。音楽のあり方を揺るぎない物にする為、日々、disc jockeyに精進する。音楽を知り、音楽を研究し、音楽に救われ、音楽を人々に届ける人間になった。解き放つ音楽の叡智には、終わりがない。全てを理解するのは不可能。しかしながら、届ける音楽、間違いない物。苦労の中で出逢う音楽に、勇気をもらい、エネルギーをもらい、涙を流し、前進する人生の道。民を愛し、心から応援するDJ SHINTARO様の御心は、大いなる感謝を生む。功績の高い物であります。

これからも存分に活躍されるDJ SHINTARO様。

最後に、素敵に妖艶な貴方の、隙間なく紆余曲折の人生の実り弾ける愛の調べ。

皆で見届けましょう。

      愛しくて

      ターンテーブル

      眺めてた

      天命悟り

      みなぎる愛よ

LOVE ME TENDER

一生懸命を伝えたい。聖徳太子は今日もまたユニークをお披露目。こんな事、穏やかには始めれない人生の転換期真っ最中、メディア創作に力を入れる。個人的にブログやってるだけですから。

愛と希望に満ち溢れた、日本の西側。調子に乗りたいです。未来の明るい行方知らずのブログ始める、自分勝手なこの聖徳太子を褒めて下さい。個人的にやってるブログは、大々的にお披露目。褒められたら必ず照れますから。正しく捉え過ぎの自分であります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【親衛隊LOVE ME TENDERのトップ】

自分は、引き立て役になると誓う。右翼の頂点、鳥肌実でございます。日本の動き、見抜けた物よ。天皇陛下万歳。創価学会と喧嘩をし、顕正会ともめ事起こし、血気盛んに人生を全うしておる次第であります。ちなみに私、鳥肌実は、『LOVE ME TENDER』のトップ。命懸けで、任務全うしようと思います。今の日本の捉え方。それは、守るべき女性が存在するという事。重要な物事であります。記憶正しく甦ってくる王女を祀った神奈川県神奈川区の熊野神社に御座る、イザナミノミコトよクレオパトラこと植村花菜様に永遠の愛を誓う。生命の躍動する日本の大地で、素敵な女性としてのありのままを存分に発揮できるようにと願っておる次第であります。最後に、一句。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【LOVE ME TENDERの極意】

①王家の秘宝を狙わない

②上司に怒られても文句を言わない

③王族の一員ではない

④王妃的扱いに徹する

⑤うえのまさきに嫉妬しない

Happy Birthday

ロイヤルプリンセス佳子様。お誕生日おめでとう御座います。愛と希望を胸に、学生生活過ごして頂きたいとこの聖徳太子、切に願っております。

キリストの本文身に染みて、イギリスでの各地域に於ける御働き区別して、聖悪なる世界の中心をしかと見届けて頂きたいと思います。

この上なき、千年王国築く我らが真の種、日本人。

この先日本は、必ず晴れると信じ、ここに一句。

      日本中

      確かめる愛

      美しく

      輝く笑顔の

      咲き誇る町

大切にする心

聖徳太子です。

本日は、このキリストの本格派、涙の源泉の統治者、愛の調べ知り尽くした男ことこの聖徳太子の弟子よ、松方神寺(まつかたしんじ)さんから一言。

懸命に追いかけた夢。涙を潤わす苦労の日々を乗り越え今がある。イザナミノミコトこと舟木智絵様を一生を懸けて守り抜くと心に決め、男前の道、必ずや歩んでみせると貴き神社の前で涙したあの時の決意は、いつまでも心の中に。聖徳太子様の弟子、松方神寺です。

年度末に己の命あるならば、なぜにしてその命あるのか、神社に行って確かなる命の鼓動を読み解く。その地域に於ける己の存在、日本に於ける己の存在、友達の輪の中にいる己の存在、養う家族の一員としての存在。人生に於ける、己の価値を見出し、来年も愛と希望に溢れた人生を送らせて頂く事が出来ると、感謝の念を抱く。決して間違ってはいない自分の道。人生の中で、色んな友と出逢い、確かな兄弟愛を実らせ、美しい世界を望む多くの仲間と共に、人生を歩む。最愛の女、舟木智絵様よ。幸せな日々を送って欲しい。我はいつも貴女の側で男前の道歩む、松方神寺。永遠に素敵な人生の道を貴女に、、、。この聖徳太子様のブログに我の心の決意を綴りて、本年はやり残す事ないものになったとする。最後に一句。貴重な時間を有り難う御座います。失礼致します。