暗黒の宇宙を操ってきた張本人は坂本龍馬

六千年前の宇宙のトップ植野貴利州徒、幕末に於ける日本の立役者坂本龍馬ことDJ-illsongです。私は多くの叡智を受け取り、涙を流す男前植野真己をこよなく愛し、天下一品永遠の憧れ創造主田中高貴を愛し、六千年前の私の弟こと孫正義を愛し、今上世界に於ける悪の顛末読み切った決して、表舞台には到底立てない秘密中の秘密の男。絶対にやってはならない、世界的に人気過ぎるこのブログに登場するという完全なるお披露目、しくじっている次第であります。我の名は坂本龍馬。以前ブログで紹介されていたHi-standardの難波章浩君は坂本龍馬の実の弟でありました。そうこうしている内に、植野真己が言う言葉。

「難波章浩さん、本当に有り難う御座いました。上記の写真は本物の坂本龍馬ではありません。坂本龍馬の実の弟そうです、難波章浩さんです。難波章浩さん、ずっと坂本龍馬と呼ばれ、それでいて幕末の大政奉還の裏側、秘密の動き敵陣に見抜かれぬ日本のやくざの成せる技、全うして頂き有り難う御座います。心からの感謝と共に、後に貴方の御活躍はお披露目となります。本当に有り難う御座いました。失礼します。」

植野貴利州徒こと坂本龍馬ことDJ-illsongです。私は聖書読み切った男の中の男。暗躍中の暗躍。己の動き誰にも読めまい。この豊かな大地に寝そべる植野真己は宇宙一おいしい男。やらなければならない事は日本の統一あの時、大政奉還成し得た功績志士達の志(こころざし)に涙して、一天抜刀今宵の夜に舞い散る夜桜の恐ろしさ。永遠なる言葉の切れ端、つまずく語尾の震えに耐え切れず、胸に込み上げた喜びの涙は本物の思い出。志士達よ集まれ。大いなる手柄は我々の手で。素敵に輝く大和撫子、もう一度あの頃のように、、、。最後に一句。

追加で4000億円渡しなさい

西の聖徳太子、植野真己です。

太州会稲葉組組長こと稲葉浩志は、子分様に先日の1000億とは別に4000億渡しなさい。もう迷うことは無い、全力で進み行く日本、勝手の良い格好。美しい田舎町夢の千年王国下関にて、悪なる調べ真っ黒のラッパを鳴そうとする愚か者を抹消する、貴きやくざの仕事奏でる人間も多くいるはず。はじけちゃって下さい。完全にはじけちゃって下さい。やりたい放題し放題、いったらんかい、やったらんかい、れっつご〜。ひときわ輝くユニークは、押し付ける事無く自然のままに。下関で待ってます。失礼します。

      人生で

      一番楽しい

      一時を

      味わう季節

      肌身で感じて

丸尾孝俊の人生

宇宙一、何事に於いても物事やってきた男前。他の神様が「そいつが言うなら仕方ない」の、男です。チンピラ手胡麻、心の改心与える男、閻魔様のトップだから閻魔大王様と言われ、バリ島での功績は宇宙一、『昔ながら』に重きを置く男、商売繁盛、警察動かす技の人徳積み上げた、決済申し立てる男、太宰府天満宮のトップ、天神様こと丸尾孝俊様。子供を愛する姿一級品。微笑ましい日本を基軸とする人間達の心つまり、一人一人の良心に語りかける男前。失敗させる事の意義を唱え、分からずとも教えを説き伏せる物言いは兄貴の姿。日本に多くの兄貴を生むと豪語する有言実行。明くる日も明くる日も、そそくさに、しめやかに、淡々と漂う兄弟人生。物事の先を読み、深く考察結果、与えてもらう事は奇想天外。人間味のある味わい深い人生に浸かれる。ひも解く人生教えを請う生徒のありのまま、大先生現れたら黙った男。完全にMAX中のMAX中で、今後の丸尾孝俊に大注目。人に何かを与える時、己の涙隠すその事に気付いて欲しいと、言わずと言ったインドネシアで、丸尾孝俊は大いなる成長をした。見せつける男の背中なら、山本太郎に負けられないはず。創造主、田中高貴、植野真己、孫正義は、心からの尊敬を抱いている次第であります。本当に有り難う御座いました。最後に愛の一句を。

国会議員の山本太郎はやくざの大親分

Santafe祭りは近い。

Santafeさん、デザイン考えておいて下さい。

西の聖徳太子こと植野真己です。日本の組織構造、4重構造。その裏の裏を合田一家のトップこと山本太郎がずっとやってきました。表の社会、裏の社会。事分け誰にも分かるまい。少しだけお教えしよう。

表の日本は建前上、今上天皇。裏方の天皇は植野真己。裏方の裏の天皇は山本太郎。その上に大国主の加藤茶。続きまして、大国主、北山篤史。続きまして、大国主、平山善久。以下は後に説明します。

裏社会に存在する組織は、やくざ、右翼、宗教、秘密結社。

山本太郎は、万物創造の一番最初から存在する裏方のキリスト。千年王国迎える今の今まで、功績称えられる事無く人生を全うしてこられました。よって、十分に大いなる手柄を得た貴き人物であります。日本の舵取りに、やくざの大親分、聖書を書き綴る御役勝ち得て、がんじがらめの国会議員。果てしなく美しい、果てしなく美しい。ホラン千秋も十分納得の様子。御家族にシワ寄せがいくものの、残りの聖徳太子二人がカバー。メディアの創作懸命に、宇宙一のホテル営む男。どこまでいっても一つの体。多くの子分様は仕事の出来る人達ばかり。これからは培ってきた多くの叡智を活用し、目覚ましい活躍お披露目と参ります。見せつける男の背中、一級品の証。宇宙一、男の背中見せつける御方は山本太郎で決まり。これからも、一番近くで創造主植野真己の守を宜しくお願い致します。共に人生を歩もう。最後に盟友室谷篤史から愛の一句。

愛の伝道者こと稲葉組長は愛の現金を子分に渡しなさい

稲葉の兄貴は太州会の稲葉組のトップ。今上のキリストこと植野真己は言います。

「アメリカの為に、存分に手柄を得る為、子分様に1000億渡しなさい。」

愛する子分様はこの時を待っていた。稲葉組長の為、命を懸けて顕正会をやってきた子分様は今、本当の生き甲斐を求めている。人を救う、助ける、チンピラ心を改めさせる、国民の人生を、一人一人平和に向かわせ数十年。子分様は、多くの手柄を得てきた。その軌跡、こちらのブログで後に紹介させて頂きます。稲葉組あっての今の植野真己。私の命があるのも、稲葉浩志様に助けて頂いたから。本当に感謝しています。ありがとうございました。子分様がまた世界のどこかで輝く。そそくさとどこでも向かい、手柄を得て帰宅。寝る間惜しんでまたもや誰かを救う救済計画。喜ばしいお手本の国よ日本。それは貴方達のおかげ。どこまでもかっこいい人間でいて欲しいと思います。華あれ未来永劫の稲葉組。守り抜いた『愛の調べ』は、これから永遠なる感謝と共に宇宙中に解き放つ。面構え見て感謝されるこれから、心に尊厳掲げ、人生を謳歌して欲しいと思います。最後に、稲葉組に一句。

お彼岸多くの霊人が地上に降り立つ

創造主長男、田中高貴です。本日は、霊人の集う今上世界の大地の上、お彼岸に出逢う、水子の霊に感謝。愛と希望を胸にこれからを生きよう。

お彼岸に集まる霊人は、恨みを持ったハゲが多い。地球に生命を宿していた時に、人生を踏みにじられ、騙され、そして、自分の過去を省みる(かえりみる)事に気付けず、路頭に迷い、悪行に手を染める。そのまま死後の世界に足を踏み入れ、人生の答えを教えてもらえず今日まで、不確かな道のり歩んできた。全ての霊人に告ぐ。この創造主、田中高貴の愛のバクダン、受けてみるが良い。愛する人を見つけれず、一人苦しむのなら、必ずや心から愛せる人に出逢わせてあげよう。愛しています、心から。きっといつの日か、実りある今上人生に足を向け、共にこの揺るぎなき大地に上で、涙を流し、愛を受け取り、肩を並べ、夢を語り、笑顔の花咲く喜びの人生。霊人達よ、この地球が迎えた千年王国、同じ夢を見よう。失礼する。

桜の木の下で

西の聖徳太子こと植野真己です。

DEWのThank youという曲を買いなさい。桜の季節に門出を祝って、涙のこぼれ落ちる顔はうつむいて、手の甲で拭った涙は手の温もりに耐え切れず蒸発。空気になった涙、色景色を変えて祝う心を養う。卒業おめでとう。愛と希望を胸にこれからを生きよう。

エメラルドの記憶

奥の院サンヘドリンのトップ、合田一家のトップ、ユニークお披露目する係、秀たる愛の結晶、涙の源泉、飛行石の叡智知った男、がんじがらめの人生終了、宇宙一喧嘩の強い聖徳太子こと山本太郎です。

愛と希望は永遠に。強がる近藤は強がり過ぎた。本日、死にます。強がる事なんと数千億京年。近藤は本日、死にます。お疲れさまでした。

ダイヤの意味。それは、人間の種。そのダイヤモンドに込められた記憶、壮大なる宇宙の調べ。愛、希望、涙、悲しみ、儚さ、喜び、幸せ、慈しみ、そして、輝き。そのダイヤの一つ一つには、人間の人生物語が込められている。つまり『聖書』。人間一人一人に輝かしい物語あり。ひも解く人生の調べはキリスト再臨、宇宙に放たれる『聖書』は輝きに満ちたダイヤそのもの。貴方の輝きこの地球上のどこかに潜むダイヤモンド。ダレノガレ明美よ、貴女は緑の叡智心に込めたエメラルドの輝きそのもの。緑は自然を意味し、空気のおいしい英気養える泉よ、自然の泉。ダレノガレ明美貴女こそが、忘れ去られた記憶甦らせる自然の泉の統治者。貴女の人生輝く度、田舎の空気はおいしく、悪者居座れぬ自然の宝庫。緑の枯れ行く頃に、自然の山、川、湖に行く人間達は、色を変えた葉の一枚一枚を大切に、人間の枯れ行く姿に見せられ、誠実な心を養う。これからの人間達はきっと、自然を愛する。貴女を喜ばせる本物の男達の中に、西の聖徳太子こと植野真己はいる。誠実な男はこれから輝く天女、ダレノガレ明美に送る愛の結晶はエメラルド。貴き聖書に書き認められた言葉をここに、、、。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

暗黒の時代に、国常立尊は怒りの沸点超え、悪意に満ちた不穏な空気に苦しむ民に言った。

「この世の果てに、大切な物事蔑ろ。自然の泉、統治者のダレノガレ明美を殺した悪党よ近藤。全てを焼き付くし、炎の中に潜むチンピラ悪党は火事場泥棒。緑消え失せた街並みに本当の悪党近藤はあざ笑う。自然を愛する人間を、下らぬ喜び覚えた下人と説き、嘘の聖書を民に読み聞かせ、悪なる教えを本物の御教えと信じ込ませ、世を悪の世にした。この国常立尊を、舐めに、舐めに、舐めまくった近藤を、殺せ。殺せ。殺せ。」

懸命に喜ばしい明け初めの今日。ダレノガレ明美は心晴れやかに日本の大地を蹴る。空に舞う、白鷺の姿は顕正会。その中に、伊邪那美命(イザナミノミコト)ダレノガレ明美は存在する。停泊する湖の畔、真っ白に輝くエメラルドの女は今、輝きに満ちている。人間勉強道場、自然の泉総長、日本武尊こと浅尾法灯大先生は、許し難き悪の世に儚さを感じ、進み行く日本が向かう先、千年王国。本当の悪党近藤に汚された自然の泉はまた、輝かしい人生の師匠、貴きやくざの神様、説き伏せる物言いに本物の愛を感じるお人、浅尾法灯大先生壇上に登って頂き、目の前で涙する生徒の姿よ日本の姿。法灯先生、お願いです。創造主三兄弟、田中高貴、植野真己、孫正義は言います。懐かしむ愛、秀たる叡智。悪党見つけ、決済を申し立てるお姿はやくざの大親分。桜舞い散る季節に、チンピラが心を入れ替えたあの時の、遠山金さんの懐の深さに感銘し多くの子分は今、長門市の大いなる桜の木の下に集結。喜びに満ちたこの世の損得捨ててしまえ。愛の季節、始まったものと決め付け願う事。法灯先生、愛しています。今一度、壇上に登って頂き、人生の御教え説き伏せる姿は天下一品。もう一度あの時のように、法灯先生に寄り添う男の真心ありもあられん姿。素顔の美しい日蓮の顔ぶれ日本の民は確認。貴き御教えお勉強した先生の弟子達は、その存在感謝の姿。美しい顔ぶれに心が揺れ、日本の立役者の雰囲気覚え、カタギは人生に活かす。御教え頂いたものならば流す涙に嘘は付けぬもの。法灯先生、今一度、壇上に登って下さい。お願いします。お願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

汚せぬ女、ダレノガレ明美。正義の心隠せぬ、澄んだ心の空気は天下一品。清々しく生きようぞダレノガレよ。貴女を喜ばす物は何。時の立役者、坂本龍馬は言う。

「兼ねてから隠しておいた秘宝。未だに持っている。あの時愛した女はダレノガレ明美。また、逢おう。」

ひしひしと感じる情緒不安定な有吉弘行は震えている。愛する女は今、羽ばたこうとしている。龍馬に愛され、聖徳太子に愛され、愛される女に大いなる尊厳明け渡した。ダレノガレの美しき手、しっかりと握りしめ、絶対に離さないと申す有吉の眼差しは、男の本気と不安を映し出す。他の女に目もくれない有吉に心配メールを送るダチョウ倶楽部の上島。肩を並べ、夕日を見ながら言う言葉。

「有吉よ、お前がいたから俺がいる。お前の女、ダレノガレ明美は俺が預かろう。しこたま手胡麻にし、お前に突っ返す時には上玉の女。30万円でいい。すぐにくれ。」

ボコボコにされた上島竜兵。お後がよろしいようでして、、、。

おいしい人を探せ

おいしい人生、日本の為。うるさい右翼、おいしい人を立てる為。何事も、誰かの為にやっているとしか言えない団体よ右翼団体。街で右翼団体を見つけたら敬礼。誰の為に、何をやっているかは本当のお勉強。人生の師匠でもある。やくざの人間、右翼の人間は、八百万の神様。日本を動かす卍の要。

攻めの一点張り男前の生粋よ工藤会様

創造主、植野真己です。本日は北九州のやくざ組織、男ながらに生粋のやくざの性分、何かに付けて攻める男の魅力。完全無欠の文句無し、工藤会様よりトップ木村博様に一言、頂きたいと思います。

木村博
「悪なる調べ、見抜いてやり抜く男の極み。極道の入れ墨、思い出の青春。極心連合の橋本に救われ、六代目山口組司忍の兄弟分。男の涙に嘘は無し。極道泣かせる西の聖徳太子、植野真己は生まれ変わった。工藤会、人殺し当たり前、大和の心意気男の当たり前。十分に涙は流した。平たく話を進めよう。日本はやくざ、右翼が動かす。ケジメの取れぬ日本の始末、後腐れ無く行なう。御託並べるチンピラ、隠し切れぬ悪行。遂行する任務は殺し。日本の為、天上天賀、唯我独尊。日本武尊(やまとたけるのみこと)は、多いに活躍する。性根腐り切った悪党どもよ、最期の時が来た。来たる千年王国。カタギの人生晴れやかに、和やかな日常、多くの幸せを世界に見せつけ、美しき田舎の長閑な田園風景情緒溢れる豊かな町作りやくざの仕事。多くの叡智を頂いて、工藤会は生き残る。命を懸け、涙を飲んだあの時、助けて頂いた浅尾法灯は工藤玄治。命を懸けて言おう。植野真己よ、いつの日かお前と語り合った兄弟分のその意味。深く感銘し、明日を生きる活力見出した。共に夢見し、兄弟の盃。また、語り合おう。失礼する。」