これからの時代は田舎ありき

儚き人生を下さい、で有名な弟子、
健二です
「キリスト先生、質問です。田舎はどうしたら花咲くのでしょうか。素敵な田舎町を緑の多い大都会にするには、どのようなシステムを作ったら良いのでしょうか。教えて下さい。」

キリスト
『良い質問だ。全ては言えないが少しだけ話しよう。田舎から都会に出て行った息子や孫たちは、盆、正月に地元の田舎に帰省すると、感じることがあるんだ。それが、《時間》なんだ。都会にいると慌ただしい人々の中に自分が存在している。通勤の時、電車で、車で、地下鉄で、行き交う人々を感じながら、貴重な《時間》というものを、使わされている感覚になっている。一方、帰省した田舎では、自分の《時間》を有意義に使う感覚になる。この違いをまずは分からなければいけないんだ。』

健二
「はい。分かります。」

キリスト
『田舎のおばあちゃん達はどっちだと思う?』

健二
「ん〜。おそらく時間を使っている感覚ではないでしょうか。」

キリスト
『ポイントはこうだ。やりたくもない事をしている時(例えば仕事とか)、それが自分にとってメリットのあるものだと思えれば、時間を使っている感覚になれるんだ。ただし、やりたくもない仕事をするのが嫌だと思う気持ちよりも、自分にとってのメリットが上回っていないといけないんだ。例えば仕事自体は辛いけど、お客さんの喜ぶ姿が何よりの生き甲斐になるとかだね。つまり、自分の為にではなく、人の為にする行動が嬉しいと感じれると、人は正しく時間を使っているような感覚になるという訳だ。』

健二
「なるほどですね。」

左:弟子のソフィア
右:弟子のウォンツ

キリスト
『田舎の腰の曲がった稲作をしているおばあちゃんは、間違いなく人の為にお米を作っている。でも、稲作を喜びとして生きているおばあちゃんは少ないんだ。だから、《時間》を有意義に使っている感覚にはなれない。どうしたら良いと思う。』

健二
「分かりました。おばあちゃん達は人の為に稲作をしている事に気付いていないんだ。だから声をかけて、僕はおばあちゃんに感謝をしていると、伝えればいいんだ。」

キリスト
『そういうことだね。』

健二
「もっと色んな事をしてあげたいので、しっかり考えます。」

キリスト
『田舎を花咲かせる、第一歩だね。』

健二
「続きはまた聞かせて下さい。」

 キリストです。日本を支えた稲を作り続けてきた民に感謝の気持ちを抱いてからでないと、死に切れぬものだと言おうではありませんか。命あっての人生は、死に行く者への感謝を忘れていては謳歌出来ない仕組みなり。この世の全ての善と悪は、このおじいちゃんおばあちゃん達が決済していた。苦し紛れに、今更、感謝を抱こうとて難しく、しかし、今こそと思い、田舎の田んぼを見に行き、素直に頭を下げて、物申せ。

「申し訳ありません。こうして稲作を本業とする皆様の作った米を、皆様の苦労を考えずに、のうのうと食べてきた自分。本日より、心を入れ替えさせて下さい。その、もう元に戻る事の出来ない、曲がった背中を見ては、自分は日本の恥と決め込んで、ご飯を食べる前に、いただきますを言う前に、きちんと心の底から、皆様への感謝を抱かせてもらうため、本日こうして、頭を下げに来た次第であります。心苦しい私の気持ち、どうか受け取って下さい。」

キリストの師匠、山之内龍徳(やまのうちたつのり)様

キリストです。

国民の皆様に言わなければならない事があります。

私、キリストには、偉大なる人生の師匠、青龍太鼓の調べ、天橋立神社の杜(もり)こと、山之内龍徳(やまのうちたつのり)様という御方がいまして、その御方から紹介されるキリスト、という立場をもってしてキリストは全ての物事を始めれます。

しっかりとお聞き下さい。

《声:キリストの師匠、山之内龍徳》

僕の授業。

題名:僕の授業

鼻血が出ていました。

hanaji

ゆるやかな人生の上り坂。

これを機に、妄想は止まらなくなりました。

膨らむ一方の期待と、抑えきれない感情。

なぜか、見とれてしまいました。

こんな僕は、小学3年生。

この先生の生徒になって、心の底から嬉しいと感じました。

ゆうこ先生は、新任教師。

算数を教える先生は、僕に算数は教えていない。

あたたかい春の日差しは、

「それでいいんだよ。」

と、優しく僕に語りかける。

家に帰っても一緒だ。

先生による、算数以外の授業は続く。

囚われてはいけない、など考えない。

導かれるままに、素直に。

朝起きると、先生がいる。

登校中、僕に話しかける同級生の友達は知らない。

いや、本当は知っているのかもしれない。

友達は、笑っていた。

先生の授業が待ち遠しい。

後ろから、

僕の手を掴もうとする、

その手を振り払うように、

確固たる決意が、僕の中にはあるのだ。

授業が始まった。

算数を教える先生は、僕に算数は教えていない。

あたたかい春の日差しは、

「それでいいんだよ。」

と、優しく僕に語りかける。

sennseikyonyuu

聖書(お手本)感謝の巻、一部解説

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      心に抱く

      花ならば 

      涙に生けて

      嬉しくて 

      苦しみ消える 

      仕組みなり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一部抜粋し、説明しよう。

、、、、 心に抱く 苦しみを 受け入れれずに 生きてきた 人間達よ あるがまま 今心の中 抱いてる 花があるなら 生けてみよ 腹の中に 感謝なきゃ 雨は降らぬぞ 水なしで どうしてその花 持っている 悪神近寄り 囁いて 絶対人に 言うなと申し 秘密の成功 法則を 黙ってこっそり 成就させ 悪神渡した 悪の花 誰にも譲れぬ 思うてか 感謝を知らず 涙を知らず きちんと咲いたと 言うならば これからの先 道あらん 日に日にビクビク するなれど 譲れぬ花を 確認し 安心しては 今生きる これからのこの 本を読む 人民花は 持ってなし しっかり植えて もらえるように 勉強しては 業をして 楽しむ人生 これこそが 悪に見入られ た者達 一番怖い 心理なり 取り残される 取り残される しかし決して 譲れない 貧乏嫌だ 恥ずかしめ 受ける事など 出来る訳 ないはず神は とっくの昔に お前らの事 見放した お金が全ての 人生は 真が抜けて おる事を 言ってやっても ちんぷんかんぷん いつかは落ちる 落とし穴 自分がやって きた事を やられる怖さ 知っている 誰かが掘るはず 落とし穴 絶対誰かが 掘るだろう 一歩も前に 進めない 一歩も前に 進めない 一方これから 本読んで しっかり心で 汲み取った 人民ならば 歩みだす 一歩でなくて 何歩でも 最初は辛い 始まりぞ はじめはゆっくり 勉強ぞ 読みさえすれば みなぎるぞ 心で泣いて 嬉し泣き 心の雨は 時節にて 降ったり止んだり するものぞ 種ならすでに 植えてある 人民多し それならば 未熟な花を 手渡して 感謝でもって 生けてみよ 人生これから 何事も 苦労をもって 成就する 事が分かれば 苦しみは 形を変えて 喜びに 生き甲斐になり 毎日が 勇んでくる事 間違い無し 自分を愛し 応援し 自分よこれから どんな事 あっても前に 進めるぞ まずは自分の すべての事を 受け入れ好きに なってみよ たったそれだけ で始まる 世界がグルリと 変わりだす 素敵な人生 歩むなら ここから先は やったあと 楽しみそれから もう近い 楽しみそれから もう近い、、、。

お勉強大会の始まり

キリストです。

本日から、国民お勉強大会とさせて頂きます。

先生はもちろんこの御方。

夢見る百合の花、涙の聖峰(せいほう)、今宵より大先生と仰げ、山之内龍徳(やまのうちたつのり)大先生様であります。

それでは、宜しくお願い致します。

聖書(お手本)感謝の巻

《声:キリストの師匠、山之内龍徳様》

この、人生の仕組み。答えは見つからない。苦しくて、もう人生諦めようか考えた時に、一里(いちりん)の仕組みが登場する。今からはただ、真新しい叡智を受け入れ、人生描いた キリストの 思いの丈を 本にして 言わずと知れた 人徳の 積み上げ方を 教え賜う 心の仕組み 分からずとも 全ては全ては 美しき 果てなき勉強 御勉強 勉強すれば 見えてくる 己の人生 誰の為 貴方の人生 捧ぐなら 一体誰の 為なのか キリストのこの 筆を読み 頭で考え てはならぬ しっかり心で 涙して きちりと腹で 受け取って ずっしりとその 今までに 持たせてもらえず 苦しんだ ほんとの感謝 もらえずに 今上人生 歩むなど 到底無理な 御相談 心に抱く 花ならば 涙に生けて 嬉しくて 苦しみ消える 仕組みなり これらは無知の 人間が 自分の種の 貴さを 気付かず今も 夢見てる キリストからすりゃ 可愛いなれど いつまでたっても 自分の花が 咲かぬと嘆く 人間達の 心の所作を 見抜き見て ここらで全てを お披露目し 皆で喜び 歓喜して 華やぐ日本を 見届けて 共に歩もう 人生を ならば今こそ この時に 聖書のお手本 読み切って 心で涙 苦労は腹で これが誠実 というもの 好きな女を 口説くには 必要なこの 人徳を 積み上げ人生 大逆転 全てがスクリと 入れ替わり 人生華やぐ 仕組みなり 世にある成功 法則は 黙っていても 崩れ去る 心で涙 苦労なら しっかり腹に 入れまして 素敵な男に 成りまして 近くの友を 動かして 近寄る女 喜ばす 男の生き甲斐 この時に 本業全う 出来るなら お金が無くとも 輝いて 喜びの日々 暮らせるぞ ならば今こそ この筆読んで 一生懸命 汲み取れよ 自分の人生 誰の為 貴方の人生 捧ぐなら 一体誰の 為なのか 分かってくれば 本当の 成功引き寄せ 心の中の 人徳見抜かれ 惚れられる 異性に友に 同僚に 言わずと知れた 本当の イケメン誕生 そうならば 日本は動くぞ 本当の 動きを見せる これからは あっぱれにっぽん 御覧あれ あっぱれにっぽん 御覧あれ、、、。

ユダによる聖書の書き替え

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私はなぜにしてこの世を去るのか。美しくも儚くも感じれず、ただ息をするのみ。病の床についた私の意志は、神に背く。もう、あなたを信じることはない。ああ、この世の果てで、あなたに抱かれて、もう一度、膝を付き、懺悔して、涙を流し、後ろめたさを感じながら、我の罪を説いて頂きたい。もう二度と、あなたに抱かれぬなら、この地を去り、遠く寒い空の下で、孤独を胸に生きるだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

書き替えた文

どのようにすればいいのだろうか。病の床についた私は、二度と神様を拝むことはないだろう。もう一度、あなたの前でひざまずき、こう言う。「あなたを信じた私は病にかかった。人生の終わりにあなたに言う。あなたは神ではない。多くの矛盾を生み、そして生きる者全てを路頭に迷わせ、苦しみを与え、喜びを与えぬ。我々はもがき苦しみ続けるだろう。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 キリストです。世の中にはびこった無数のチンピラ悪は、このような嘘から始まる。神は苦しみを与え、それが実らぬものと教える。いつまでも矛盾の世界にいさせようとする、信じるに値しない存在だと言う。人生心から楽しめないものにしておいて、それでいて笑っている。人々が苦しむのを喜ぶからだ。このようなチンピラ悪の存在は今、なくなりつつある。だからキリストもこうやってチンピラ悪の算段をお披露目しているのである。

更に詳しくの解説ラジオ
《声:一番弟子、うえのまさき》

弟子のユダ

聖書に登場する、

キリスト先生を裏切る愚か者、

satoshiこと、ユダです。

キリスト先生が書く聖書は、人々の心をわしづかみにし、民を正しき道へ導きます。

逆手に取り、その言葉を書き変えることによって、人々から感動を奪い、涙を枯らせ、嫉妬、妬み、裏切りを心に抱かせ、夢や希望を持てぬ世界に留まらせ、そうやって、しいたげて楽しむ人間。

それが、私、ユダでありました。

もう二度と、キリスト先生に背くような行為は致しませんが、私、ユダのやってきた罪深き行いは、国民の皆様がお勉強になるものと考え、キリスト先生の御意志のもと、こちらのホームページに掲載させて頂く事となりました。

幾度となくこれからも、私、ユダのページが掲載される事となりますが、何卒お許し頂きたいと申し上げました所で、本日は失礼させて頂きます。

国民の皆様へ

《声:一番弟子、うえのまさき》

 美しく、儚き夢物語、人生道場。国民の皆様、長らくお待たせ致しました。ゆっくりと、お聞き下さい。私は、生きとし生ける者の中で、全ての人徳、積み上げた、万物創造の主(あるじ)。そうです、キリストであります。幾京年に及ぶ、修行の成果、実らせて、うつむき加減の日本に、キリスト再臨として、近々、本物の聖書を、尊き全ての人民に、お届けしようと思います。

「あるがまま、我こそキリストの御前で、神を尊き者とし、この晴れやかなキリスト再臨を待ち望んだ、皆の者。懐かしきかなも、大いなる、初めまして。我こそが、今上世界に於ける、キリストであるぞ。大きな声で、張り裂けんばかりの感謝と共に、大空に向かい叫ぶが良い。尊き、そして、美しく、時には涙し、相手を苦しめた、想い出深い、人民達の、歩んできた道。しかと、見届けたが故に、最後の審判、下す時が来た。紅日本に住む、真の民こと、日本人よ。難しくない、多くの事を、蔑ろにしてきたであろう。消せぬ、我さえ良ければ全て良しの、行い。誰かに苦しめられた時、その己に対する意図分からず、いとも簡単に、苦しめた相手、潰し、あるがまま、この世の全ての、善と悪、見定めれぬ事 お構いなし 悪に出逢って うつむいて 許せぬ心 あらわにし 相手をにらみ 心を縛り 絶対二度と 逢わぬぞと 決め込む姿 哀れなり いじめてくれた 相手なら 感謝感謝の 雨あられ 悪を与えて くれた事 それは己の 何とする 人間生きて いる時は 前しか見ずに 立ち止まる 事すら忘れ 求めるは 嬉し楽しと 好き放題 あれが好きだの 彼氏が欲しい 痩せたらナンパ されるはず 金持ちなれる 法則が あるとかないとか 申しても 今まで歩いて 来た道が 外れておる事 知らずして ほんとの前は 歩けぬぞ ならばヒントを 与えよう びっくりするよな 裏切りに いじめに近しい 者との別れ 出逢った悪に キリスト見立て 教えてあげよう 気付かぬか いじめてみたぞ 気付かぬか 身内の不幸 気付かぬ様だ お前の過去を 省みよ 友を裏切り 鼻で笑う 感謝を抱けず 異性にあたる 贅沢脂肪 減らせずじまい 死んだばあちゃん 供養せず 遊んで笑って へっちゃらさ 人間悪に 出逢わなければ 己の過去を 見る事は 出来ぬであろう 我が民よ 成功失敗 あるなれど 己の考え それだけが 由緒正しき 御教えか どうかは分からぬ 道理であろう ほんとの御教え この度の キリスト人生 集大成 聖書を読んで 花が咲く あっぱれニッポン 人民が 感謝と涙を 胸に秘め 手と手を取り合う 姿なら 一生懸命 何のその 身を削る事 お構いなし 慈しむ愛 何たるか 心の奥に 留めかし 我らが国民 民達よ この瞬間を 長々と 待ち望んでは 苦しんで すったもんだの 人生で あった事など 忘れ去る 仰天お祭り 騒ぎなら この事なりと 教えるは 我こそ我(が)なり 宇宙の主(あるじ) 創造主こと キリストぞ 可愛い弟子の 涙する 姿を夢に 見果てぬ夢に 描いて泣いた キリストぞ 美しき花 御手に抱き 差し伸べたる手 弟子達の 温かいその 両手の上に 手向ける花よ アマリリス おしゃべり大好き キリストの 話を聞いて 下さいな 生きとし生ける もの全て 全てを産んだ キリストの 思いの丈を 本にして 笑って泣いて 喜んで 感謝を私に 下さいな キリストおしゃべり 永遠に しゃべり続ける 男前 女も金も 子宝も しゃべって戴く 文句なし ほんとの格好 いい男 それは万物 創造主 このキリストを 差しおいて これからの日本 在りはせず 何はともあれ 晴れやかに 日本の民が 待ちわびた キリスト再臨 ご覧あれ キリスト再臨 ご覧あれ。」

  愛らしく

  アマリリス

  受け取って頂けないでしょうか

           キリストより