最期の砦(とりで)阪元則広様

キリストであります。

チンピラ悪が蔓延った(はびこった)、下らぬ物事はなくなる模様です。

そんな今この時、日本の聖徳太子、アマテラスオオカミこと、阪元則広様より、一言。

許せぬ物事、それは、目の前の悪に対する捉え方、間違っているという事。私、阪元則広は、日本の為、全ての悪を指示してまいりました。悪を見つけ、悪を亡きものにし、この世から悪を無くすという考え方、とんだ取り違いである。その悪、自分にとっての何であるかを、しっかりと理解しなければならない。無理に悪を与えてはいない。人間たちが、苦労できるだけの、悪を与えてきた。悪を与えてくれた事、それは、かけがえのない思い出にもなる。辛い物事というのは、人々に与えている、という姿。善も、悪も、神様からすれば、人間たちに与えっぱなしの状態である。多くを与えてもらっている事に、自分の力で分かったものは、少ない。しかし、これから謳歌するそれぞれの人生の中で、悪に出逢ったら、その悪、誰の為に、何を与えているかを、しっかりと確認し、お勉強させてもらえ。それでは、さらばである。人間たちよ、勇者であれ。

ホラン千秋よ日本の天使なれ

キリストであります。

喜びの彼方に連れて行ってと、切に願う女の本性。下らない、お金が全ての男を見て、本当に素敵な心構えの男性を求める。

愛と勇気を心に飾り、任務全うしたは、ホラン千秋。

素敵な自分に出逢う事が夢だった。本当の感謝を知る事が夢だった。自分の人生を、間違いなく確かなものにする為、体を張って遂行した任務。夢を持って任務を果たした己の人生は、かけがえのない思い出になると信じ、これから出逢う友を大切にし、愛と夢を胸に、毎日を生きよう。

素敵な出逢いになると信じて、、、。

      愛を知り

      全てを懸けて

      脱ぎ捨てた

      我が人生よ

      夢見る少女

Kristina Schiano Disciple of Christ

クリスティーナよ、愛すべきキリストの弟子。

遥か彼方より、地上に降り立った、愛と希望に満ちた、キリスト。

弟子になって、日本での仕事、全うせよ。

今しばらく、待つがよい。

Bye and said.

マジのお勉強大会①

キリストであります。

愛と希望を胸に、穏やかに始まった、宇宙中に於ける、マジのお勉強大会。

心で涙し、目指すは大人の魅力。

自分よ、愛おしくあれ。

聖書(お手本)季節の巻

《夢の解説》

      くれないの 

      日本に捧ぐ 

      豆知識

      全てを許す 

      民の心得

 喜びの彼方に、皆様を迎えに来た次第であります。この、地球一切の、難しくない、人生の仕組み。全てをお教えする時が来ました。

   夢抱き、夢破れて、灰となる。

一生懸命に、そして一所懸命に追いかけた、夢。その、夢、掴めず、心、折れる、その時、難しくない、流す涙、崩れる、全てを懸けた、熱き情熱。無惨にも、儚く散ったその日から、本当の物語が始まる。

 抱いた情熱。冷めたその日から、暗いトンネルに入る。面影虚しく、心よりの、華やいだ心は、いざ何処へ。何の気なしに呟いた、過去を消し去る、想い出深い、そんな言葉。

    『もう、終わりだ。』

辛い思いを、一生懸命受け止める。自分を殺めずに、そして他人を責めず、何より一人になり、悔しさと、無念さを胸に、必死に泣いて、灰となる。諦める事は何よりの成功。美しく散ってみせようぞ人間たち。

、、、、。

マキシマムザホルモンよ、日本の天使なれ

落ち着いて新しき御代へ。

キリストであります。

今上の世界に於ける、天使の役割。

人を楽しませておけるだけ楽しませておいて、後始末をしない姿。

それは、マキシマムザホルモン。

おもしろいを匂わせたら、おもしろいを好きな人間たちが、集まって来る。二種類ある。おもしろいを応援したい人、俺も私もおもしろくありたいと思う人。今までは、おもしろいを応援したい人たちを愛してきた。今からは、俺も私もおもしろくありたいと願っている人たちへ向けて、おもしろい愛を送れる。仲間の大切さ、仲間の愛おしさ、仲間の涙、仲間への感謝。マキシマムが世界に送る、愛と青春で彩られた輪を、微笑ましく思っている次第であります。誰かれ構わず、素敵な感謝を宿した眼差し。ファンが愛し続ける所以(ゆえん)である。

かけがえのない青春をくれたマキシマムに感謝しよう。

思い返せば、マキシマムに捧げた笑顔の人生。

これからも、楽しもう。

また、書きます。

スサナルノオオカミ様こと山下明大様

日本に於ける、人生の夜明けを迎えるにあたって、国民の皆様に伝えなければならない事があります。

本日、私キリストは、こちらの御方、日本の貴き神様こと、スサナルノオオカミ様である、山下明大様にお会いして、とある代物(しろもの)を頂きました。それが、勤行(ごんぎょう)であります。

勤行とは、美しき仏前にお経を唱える、いわゆる、お勤めと言われる業(ぎょう)。今までは、南妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)や、般若心経(はんにゃしんぎょう)など、有名な勤行は、数千年前から、古来日本に伝わるものであります。これらの勤行は、宇宙中に響き渡り、宇宙中のケジメを取ってきたものであります。しかし、今の時代に於ける、その勤行、読み唱える言葉、今までのケジメを取る為のもの。これからは、その今までの勤行も残しつつ、今からの宇宙に響き渡らせる、新しい言葉の勤行が必要。そこで立ち上がったのが、日本の貴き神様、山下明大様であります。もう、その新しい勤行、お創りになられておられますが、まだ、お披露目にはなりませぬ。美しく、儚き夢物語、人生道場を歩む皆様。このキリストは、自分のケジメ、自分で取ってきました。あとの残された、自分のケジメを取れない人間たちは、自分自身で、ケジメを取らせてあげようと考えております。よって、ここに書き記す。

愛を知り、貴方の御心、感謝して、心に響け、我が勤行よ。

皆の者、美しき日本の手柄を持った、山下明大様に感謝せよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三千大千世界
(さんぜんだいせんせかい)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この言葉を、心の中で20回唱えよ。

今までの取れなかった己のケジメ。この三千大千世界という言葉のみで、取ってやろう。三千世界とは、貴きそれぞれの人生そのものを表す。大千世界とは、聖書にも書かれてあった、千年王国の事であります。皆様の人生に於ける、これからの晴れやかな千年王国を祝う言葉として、その、三千世界と、大千世界を合わせた言葉、三千大千世界(さんぜんだいせんせかい)を、これからの宇宙に響かせる勤行として唱え、自分では分からぬ、己の人生に於けるケジメを取って頂き、愛と叡智を養い、共に人生を歩もう。

この、果てしなき手柄の御言葉、三千大千世界を産んだ、山下明大様に感謝して、毎日を過ごそう。

山下明大様、また来月、角島の神社に参りましょう。

また、書きます。

キリストでありました。

Hi-standardの三名は、日本の天使である

キリストであります。

美しく、儚き夢物語、人生道場。果てしなきユニークを欲しがるこちらの三名は、遥か昔のキリストら三兄弟の物語を現世にあらわす。

昔、キリストは、三兄弟の人生物語を考えた。

長男:植野龍馬、次男:植野キリスト、三男:植野孝太郎。

それぞれ、長男:横山健、次男:難波章浩、三男:恒岡章。

長男がチンピラで悪さばっかりをする。次男は、カッコ良く生きる。三男は、素直、勤勉。長男のわがままについていけない次男と三男。次男と三男は、チンピラ長男とケンカになる。チンピラだけども、長男の方が腕っ節が強い。これが続くと、へこむ。次男と三男は考えた。もう、長男を見限ろう(みかぎろう)と。見限った長男、ほったらかしにすると、どんどんチンピラが集まってくる。誰の手にも負えなくなる。次男と三男は、兄弟の結束を深める。

もう許せんと、次男と三男は怒りをあらわにし、長男のチンピラグループを一人ずつ殺していく。長男、最期には諦めて、謝りに来る。押し問答(おしもんどう)の後、許すかわりに鬼になって、世の中のチンピラたちをこらしめろと言って、角島に住まわせた。多くのチンピラたちが角島に行かされて、鬼となった長男に、こらしめられていた。

そんな、遥か昔の三兄弟人生物語を今上世界で演じる者よ、Hi-standard。愛すべきハイスタファンに見守られながら、これからも壮大なる叡智を受け入れ、愛と友情を胸に、この日本の大地で、共に過ごそうではないか。

遥か彼方よりやってきた、唯我独尊、うえのキリスト。

ハイスタの事を言うという事は、全てをお披露目する時がやってきたと、このような事であります。

我が民よ、ついて参れ。