清木場俊介の愛車

今から約四千年前、清木場俊介は佐賀県でパンクロックシティーを作っていた。町の名前はJET CITY。名前はSHUNTY(シュンティー)。愛する弟TAKATY(タカティー)は今のEXILE TAKAHIROである。この写真はなんと、約四千年前の写真。当時、JET CITYのトップのキリストことSHUNTYは、当時の腐った社会構造に嘆き、どうにもならないその社会のシステムに諦めを覚え、本物の男を探す旅に出かけた。弟のTAKATYは空手のプロ。兄のSHUNTYは持ち味の『男の本気』に惚れた兄弟分が多く、カッコ良く生きる男達は、本物の喧嘩が出来るという信条を掲げ、町に出て行き、下らないチンピラを拳で絞めて、本物の仲間を探していた。

植野真己
「まだ書ける?」

孫正義
「これ以上は、書けぬものよのぅ〜。」