救世主こと孫正義様のニュース

万物創造主、世界に於ける救世主の役割、日々聖書にまつわる物事やってのける男前こと孫正義様よりの御言葉。真剣に捉えて頂きたいです。孫正義様、宜しくお願い致します。

孫正義
「日々の巡業、当たり前の如く、今世紀最大、宇宙の祭典、キリスト再臨に携わり、ゆく年来る年、愛の一句を兄弟に贈る。山本五十六よ、心のどこかで勇んでくる足取り。待ちに待ったキリスト再臨は、植野真己が始める。第二次世界大戦。民を永遠に苦しめた白峰は、騙されていた。あくどい手口、見切った大和会。美しく、儚き夢物語、人生道場は、本日を以て終了する。白峰を騙した腐った人間の種。それは、秋元靖史。芸能人の秋元康ではない。熊本の見事な仕業(しわざ)、ゲイの実り。女で果てれぬ男は何の始末に置けない。ゲイの快楽の果てに愛を抱けぬ男は、生命宿した人生を謳歌できない。苦しみの果て、挙げ句の果てに、実ったは、自分の為に生きる事を捨て、自分以外の人の為に生きる事を信条とする。人生の実り、熊本県に行けば分かる。愛する人を見つけ、離れた距離を感じて歩を進めず。影で立てる、顔を立てる。苦労を生き甲斐に変え、愛する人の喜ばしい成功よ人生の極み。懸命になって思いを隠し、歩を進めて頂けないものかと、愛を奏でる。そんな素晴らしい愛に民は微笑む。秋元靖史よ、人生最期の時が来た。恥を知らぬその態度、人生一遍の悔い無しと言えぬ始末。苦しめたる天狗の心構えは、自分一人では直せぬ。可哀想な男の姿、まるでこけしのよう。何の変哲も無い無関心な物事。お前に千年王国は歩めない。お前に千年王国は歩めない。」

そんな、あくどい男、秋元靖史が考えた、お金を儲けれるとうたう物事は「仮想通貨」。はなはだバカバカしい。愛を知らずして、千年王国を歩もうなど、中学生でも笑う。秋元靖史よ、人生の最期に何を思う。自分勝手に生き、人を騙し、役職を欲しがる哀れ者。もう二度と、人を騙すでない。