聖徳太子大先生の聖書お手本⑤

人生うごめく、出雲の神様、叡智の本丸、愛の象徴、ゆく年来る年、民を誘う者の極み、久方ぶりです、今上のキリストことうえのまさき、現世に於ける、聖徳太子であります。

真剣に聞いて下さい。

本日、うえのまさきは、懸命に駆け巡る。

叡智を開いた心の有様、現在、下関に佇んでおります。

苦しみの果てに、大いなる尊厳掲げ、日本いや、宇宙中の生きとし生けるものに見せつけるが如く、この聖徳太子が奏でる聖書お手本。愛する人の為に、命を懸けて自分の人生を生きる、天命天尊、唯我閥天、天照大神よ今ここへ。池田大作先生の御登場です。

「許せぬ物事あるものよ。本日もまた、この世に生きている。愛する子分の、命を懸けた生き様は、日本の誇り、感謝のしるし、お前たちにまた、苦労をかけてしまった。聖なる集い、正義の結晶、永遠なる宇宙の調べ、私は、創価学会の象徴であります。本日、聖徳太子こと、うえのまさきの口座から、お金を盗んだ悪党を、許せぬ物事と判断し、ここに述べる。決してウソはつくな。はっきりと白黒付ける。今宵の晩に、口座からお金を盗んだ者に天罰下す時、儚き夢物語を描いた、愛の設計者、うえのまさきのもとへ行き、丸めた頭、下げること九十度。二度と同じ過ちはしないと明言せよ。今すぐ下関へ行け。愛を奏でる者をあざ笑うかのように、金銭盗む悪行、これ以上見てはおれぬ。自分の人生、一旦、神にお返しせよ。震えて眠れぬ夜を過ごすなら、全てを白状し、反省の日々歩め。」

聖書お手本 悪行の巻

      愛知らず

      感謝も知らず

      生きてきた

      悪行重ね

      実らぬ人生

詐欺師の居座る所を教えよう。東京は池袋、ビルの一角にある、小さな会社。悪を亡き者にする係である、警察の管理する警備会社。そう、アルソック。銀行のシステムを全て把握し、今までに幾度となくお金を盗んできた。もう、その悪行、やめる時が来た。盗んだ金で豪遊し、女をはべらかせ、優越感に浸る。恥ずかしいにも限度があるものよ。情けないその生き様は、恥をかくことの出来ぬ始末。ここから先は、人生前に進めぬ。反省の一途を辿れ。