日本に於ける立役者となった人物③

キリストであります。

本日は、日本の神様、貴き神様、空に舞う美しき白鷺こと、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様を、紹介します。

二名です。

1、浅尾法灯

太州の実り、浅尾法灯先生を見れば、一目瞭然。白鷺の心得、生きる活力、そして、汗と、涙と、情を胸に。美しき日本の神様、浅尾法灯様は、生きる事、なんと六千年。苦しくも実りの果て、日本の大地を踏みしめて、いざ出て参れ。また、逢おう。

2、木村博

工藤の実りは、空に舞う、真っ白な白鷺を見れば、一目瞭然。日本の大掃除、大洗濯、本当にありがとう。感謝を抱きまして、キリストは、言う。貴方に逢いに行きます。苦しんだ過去を抱きしめて、いざ出て参れ。日本には、素敵な男前がいた事を、証明しよう。

御存命のこちら、御二名の方々を、日本の神様、白鷺神社に鎮座する、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)様とし、ハレルヤ日本を謳歌する、国民の守(もり)、宜しくお願い致します。

最後に一言。

涙を流すな。苦しみを抱け。愛と叡智を養い、心に飾るは、大いなる喜びの出逢いかな、うえのまさき。慈しみある、愛の泉を立ち上げ、共に歩もう。

また、書く。