日本に於ける立役者となった人物①

キリストであります。

この儚き人生の中で、日本に於ける神様、天照大神(アマテラスオオカミ)を演じた、御四名の紹介です。

1、池田大作 

狂おしきも活力みなぎる創価学会のトップ。多くの子分を従え、涙と苦労を分かち合い、今の日本に現存する貴き人物。愛と知恵を抱きしめて、いざ出て参れ。下関にいることは、バレている模様、、、。

2、室谷篤史

大阪にいた頃のキリストを日本の天使と決め、チンピラ退治はお手の物。多くの子分を持ち、遠い記憶の奥棚にしまっておいた、溢れ出る涙を甦らせ、日本の貴き聖徳太子こと天照大神よ。いざ出て参れ。また、逢おう。

3、芦原達也

キリストに憧れて20年。最後の最後でチンピラ道に終止符を打った、貴き神様。美しく、儚き夢物語、人生道場。夢の中で出逢った、全てのチンピラ共を手胡麻にする。芦原達也よ、いざ出て参れ。悪しき習慣、とれるぞ。

4、阪元則広

太州の要(かなめ)こと阪元則広よ、いざ出て参れ。こちらの御方は、多くを語れず、、、。

こちらの四名を、日本の神様、聖徳太子こと、天照大神(アマテラスオオカミ)とし、ハレルヤ日本を待つ世界中の民にお披露目し、暮れ行くも実りの果て、大空舞う鷲(ワシ)のように、天高く舞い上がれ。

御四名よ、伊勢神宮に参れ。

道は開ける。

また、書こう。