ちょっと待って

キリストの兄、植野龍馬です。今しばらくお待ち下さい。

waitnobita

このような事態の時に、どのようにして対応すればよいか、申し上げます。

人を待たせる時に、貴方に必要不可欠なものは、まず相手を待たせる勇気と、その間、待ってもらえる時間をできるだけ短縮し続ける事と、あとは、「ちょちょちょちょっと待って」の「ちょ」を、何回言うかです。

一回目。
再生ボタンをクリック。

相手を待たせる。それは、好きな相手ならなおさらに。嫌いな相手なら、全体的に変えなければならない、「ちょっと待って」。

まずは好きな相手に行なう「ちょっと待って。」

再生ボタンをクリック。

面持ち優しく、待って欲しいと緩やかに願うこの気持ち。言えば伝わる、しかしながら言い方次第の気持ちを乗せた御言葉。瞬時に繰り出さなければならない絶妙のタイミングをしくじることなく、しかしながら、しくじっても良きに計らえ。間違える、言葉を詰まらせた、すぐに伝えなければならないという相手の為への計らいを、良き加減と受け取ろうとする。なんともいじらしい、好きな相手とだけ伝え合う以心伝心。

最初は練習が必要です。
再生ボタンをクリック。

しかしながら、意味深い、「ちょっと待って。」 相手に対し配慮を設けるが故に、受け入れる相手側は、心良く少しだけ待とうと考える。気遣いの習わし(ならわし)を、多分に取り入れた日本の伝統文化は、これからも受け継がれていく事でしょう。

また、書きましょう。