聖書(お手本)感謝の巻、一部解説

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      心に抱く

      花ならば 

      涙に生けて

      嬉しくて 

      苦しみ消える 

      仕組みなり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一部抜粋し、説明しよう。

、、、、 心に抱く 苦しみを 受け入れれずに 生きてきた 人間達よ あるがまま 今心の中 抱いてる 花があるなら 生けてみよ 腹の中に 感謝なきゃ 雨は降らぬぞ 水なしで どうしてその花 持っている 悪神近寄り 囁いて 絶対人に 言うなと申し 秘密の成功 法則を 黙ってこっそり 成就させ 悪神渡した 悪の花 誰にも譲れぬ 思うてか 感謝を知らず 涙を知らず きちんと咲いたと 言うならば これからの先 道あらん 日に日にビクビク するなれど 譲れぬ花を 確認し 安心しては 今生きる これからのこの 本を読む 人民花は 持ってなし しっかり植えて もらえるように 勉強しては 業をして 楽しむ人生 これこそが 悪に見入られ た者達 一番怖い 心理なり 取り残される 取り残される しかし決して 譲れない 貧乏嫌だ 恥ずかしめ 受ける事など 出来る訳 ないはず神は とっくの昔に お前らの事 見放した お金が全ての 人生は 真が抜けて おる事を 言ってやっても ちんぷんかんぷん いつかは落ちる 落とし穴 自分がやって きた事を やられる怖さ 知っている 誰かが掘るはず 落とし穴 絶対誰かが 掘るだろう 一歩も前に 進めない 一歩も前に 進めない 一方これから 本読んで しっかり心で 汲み取った 人民ならば 歩みだす 一歩でなくて 何歩でも 最初は辛い 始まりぞ はじめはゆっくり 勉強ぞ 読みさえすれば みなぎるぞ 心で泣いて 嬉し泣き 心の雨は 時節にて 降ったり止んだり するものぞ 種ならすでに 植えてある 人民多し それならば 未熟な花を 手渡して 感謝でもって 生けてみよ 人生これから 何事も 苦労をもって 成就する 事が分かれば 苦しみは 形を変えて 喜びに 生き甲斐になり 毎日が 勇んでくる事 間違い無し 自分を愛し 応援し 自分よこれから どんな事 あっても前に 進めるぞ まずは自分の すべての事を 受け入れ好きに なってみよ たったそれだけ で始まる 世界がグルリと 変わりだす 素敵な人生 歩むなら ここから先は やったあと 楽しみそれから もう近い 楽しみそれから もう近い、、、。